日々を楽しく大切に。好きなもの 好きなこと おでかけ。。そんな日常を綴っていきます。


by さくら
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

牡丹と藤と遅咲き桜

なぜか飛び石行っては休みのゴールデンウィーク前半
二番目のお休みは 小鳥の森にピクニック。

コロンバージュさんのランチボックスを買って。
a0157619_23423831.jpg

遅咲きの桜と 緑の桜(御衣黄)を見て 満開のボタン園を散策し 藤棚を見上げ。
a0157619_23425873.jpg
a0157619_2343125.jpg
a0157619_23432984.jpg
a0157619_23434037.jpg
a0157619_23435733.jpg

一緒に行ったお友達 みんな岡山県民でもこの場所は初めてらしい。
近くにお住まいの方も意外といったことない穴場的場所なのです。
お昼は広い原っぱのグラウンドの隅っこで。
中央では 若いママさんパパさんたちと子供たちが何組も駆け回っていました。
平和だ。 来年はゴールデンウィークある会社で働いているかな。 どうだろう?
来年の今が全く見えないのは 自分でやめると決めたとはいえ 不安な落ち着かないものです。
忙しかったり行き詰るととりあえず自然の中で過ごしたくなる私。
土と緑があるところ。
少しだけ元気になれた気がしました。
[PR]
by yaesakura130 | 2013-04-29 23:37 | おでかけ | Trackback | Comments(0)
今年もまたゴールデンウィークは全くゴールデンではなく でも去年おととしに比べ少しは
仕事が着陸態勢になっているので 去年よりほんの少しましなウィークでした
と言っても2日以上のお休みはなく なぜか仕事の都合で行って休み行って休み。。と
いう妙なことになってしまった。。
a0157619_014339.jpg

a0157619_015149.jpg

a0157619_034694.jpg

a0157619_016299.jpg

連休もないし 人も多いだろうと 今回はほとんど近場で。
会社のお友達と 女3人 吉田牧場でチーズを買って 焼き屋さんでパンを買ってピクニック。
部署が変わったばかりで ものすごくしんどそうなIちゃんのリフレッシュになれば。。
二人とも同世代のシングルママ。 女手ひとつで 子供を育てるたくましさと にもかかわらず
見た目も何もかも若く 女子力高いふたりには感心してしまいます。
話題は会社のことからはじまり ドラマ「ラストシンデレラ」のお話に。
ドラマ通りほんとリアルに女3人集まると年々会話がおっさん化してる気が。。
わかる~といいつつIちゃん ほんとに座る時に「よっこいしょういち」と言ってたらしい。
いやそれはないだろう。。。とさすがの私たちにも突っ込まれてました。
何もかも自分でやろうとしてしまう 私たち たまには「え~できな~い」と言ってみようかなんて
話しつつ実際やってみると 気持ち悪い。。たぶんこのまま変われない 私たち。

あ、 この日の夜 同じく会社メンバー気が付けばover40のおば会、、いや女子会ありました。
百足屋さん。 ものすごいお料理の量。食べきれなかった。。
a0157619_0153194.jpg

ほんとに 年を重ねると男はオバサン化し 女はおっさん化するといってたのに納得。
お酒が入るとなおのこと もう大変(笑)

さて、来年の今頃私はいったいどこで何をしているのだろう。。
ただ 最後の最後までこうやって一緒に過ごしてくれる仕事で知り合った友人たちと時間を
過ごせるのはありがたい。。
ここで過ごした年月は幸せだったと思うのです。
[PR]
by yaesakura130 | 2013-04-28 23:59 | おいしいもの | Trackback | Comments(0)
a0157619_22553787.jpg


気が付けば 瀬戸内国際芸術祭2013春が 終わりそうでした。
4月はどうもまたお休みが不規則でやや。。いやかなり疲れ気味。
それでも 平日休みのうちに一度は。。と思い直し 平日がお休みの友達と
急遽予定を合わせて 思いつきで出発!!
私は前回の会期後に行ったため また土砂降りだったため全部見られなかった豊島へ
行きた くて友人は今回新しくできた 直島の安藤忠雄さんのミュージアムに行ってみたい
とのこと。
調べると春会期平日は 豊島から直行で帰る船便が非常に悪く 15時台から一気に
18時台に 飛んでしまいいっそのこと 直島経由で帰ろうと話がまとまり 両方行くことに
なりました。
豊島は前回同様 島内がバスかレンタサイクルのみとなり 自転車はアップダウンが激しい
ので断念。
バスは本数が少なく そのたびに200円が必要で これも最小限に。
一番奥の甲生地区は今回もやっぱりいけませんでした。 あと心臓の音のところも。。
でも前回行けなかった場所も行けたから満足かな
a0157619_22562376.jpg

島キッチンは平日なのに45分待ちで 断念。 
古い古い民家の中にあるアトラクションのようなアートストームハウスでは 古い民家の中
に入ると 雨 雷 部屋の中の雨漏りまで再現されている仕様でほんとに雷が鳴ると地鳴り
のようで 良くできているなと感心。 これがまたアートになる発想も感心。
a0157619_22564082.jpg

a0157619_22565391.jpg

あなたの最初の色(私の頭の中のイリュージョン 私の胃の中の溶液)という作品は
映像の不思議空間。
a0157619_22572478.jpg
a0157619_22571535.jpg

前に来た時も行ったカフェである作品でもある「あなたが愛するものは あなたを泣かせもする」
は目がちかちかしそうな斬新。

a0157619_2257465.jpg

直島では 温泉の外観もチェック!
安藤さんのミュージアムは 普通の街並みの中にあるので 地中美術館のようなものを
想像していた私は思わず通り過ぎてしまうくらいでした。
a0157619_2258540.jpg

a0157619_2331458.jpg

でも中は 安藤さんらしいコンクリートの作りでしたが。
両方とも駆け足で ぎりぎり間に合ったけれど 小豆島や犬島は会期外も ほぼ同じ展示
が見られると思うから 暑くなるまでに行ってみようと思っています。
前回行ってよかった男木島 女木島は どんな感じだろう。
ちょうど3年前 瀬戸内国際芸術祭2010年の時 務めていた会社が岡山からなくなり 
今のようなフリーターのような浮草生活に。
前回見たときも不安でこの先どうなるんだろう。。という思いが常に頭にある中での
島巡りでした。
今回もまた似たような漠然とした不安を抱えつつの鑑賞で 私って進歩ないなとつくづく
思います。
前回土砂降りだった豊島が今回 曇天。
これと同じく一気に晴れは無理でも 少しでもよく変われているといいなと思います。
どうも私は何もかも 失敗を恐れるあまり 最初の一歩を踏み出せなかったり 何もかも
そろっていないと 不満だったり そういうところがあるので これからはちょっと気長に
一歩ずつ進んでいくとしましょうか、、
島には猫ちゃんがたくさん
a0157619_2372882.jpg

a0157619_23301255.jpg

a0157619_22592579.jpg

a0157619_22594133.jpg



a0157619_230136.jpg
a0157619_230242.jpg

宇野港もアート 車はアラーキーさんの作品
[PR]
by yaesakura130 | 2013-04-22 22:51 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

倉敷での時間

4月半ば
滋賀からお友達が 末娘ハルちゃんを連れて遊びに来てくれました。
彼女は私の1歳の時のお誕生日の写真に写っていて でもその直後転勤族のお父様の
ご都合で引っ越し 全国いろんな場所で暮らされ今は結婚して滋賀に住んでいます。
物心つく前に引っ越し その後はお互いの母たちに促され年賀状を書き いつのまにやら
本人たちの意志で文通なるものを続け お互いの顔も交換した数枚の写真でしか知らない
まま 再会したのが18歳の時。
それ以来 彼女のおうちに遊びに行ったり京都や神戸 一時彼女がご主人と住んでいた香港で
あったり でも実際 一緒に過ごした時間って長い人生の中で1か月にも満たないかもしれない。。
お互い仕事が忙しく 私生活もじっとしていないため 会おうね 岡山においでよ。。といいつつ
もう一度も実現していなくて 今回ふと私が仕事を辞める報告をしたところ 彼女も一番忙し
かった仕事を辞め 派遣的な仕事をしていてちょうど狭間のお休みがあることが判明。
1週間前に 倉敷での再会が決定したのでした
多分 お互い前々から予定など立てず思いつきで行動する 男脳なのだよねぇと
長年あんなに実現しなかった予定がいとも簡単に実現したことに 会ってまずお互いに笑って
しまった。
a0157619_22385019.jpg

a0157619_2239686.jpg


1歳になる前に会って以来のハルちゃんは5歳になっていて ものすごくかわいらしく人懐っこく
子供らしい子供で 10歳年上の彼女のお姉ちゃんのことを「あんな、ねぇねアホやねんで」と
お姉ちゃんの武勇伝を面白おかしく話してくれる。
それでも お店に入ると 大好きなねぇねとパパへのお土産を一生懸命選び 二人がとても
優しいことを一生懸命私の教えてくれる 本当に本当にかわいらしく癒されました。
ハルちゃんの目が輝くお土産が これまた 渋く 民芸館や昔ながらのお土産屋さんにあった 
紙風船や竹とんぼ コマ だったり そんな倉敷のお店をめぐりながら「今日は楽しいね~」
とほんとに楽しそうに言ってくれて私までさらに楽しくなります。
a0157619_22395138.jpg
a0157619_2239427.jpg

友人とも何年かぶりに会うのだけれど  会ってすぐ私のしていた時計と全く同じものを
彼女も持っていたり 手ぬぐいのお店に入ってお互いいいなと思った藤のものも同じだったし 
気になるお店手に取るものが、とても似ていてなんとなく彼女が好きそうなものがわかるのが 
面白い。
彼女は次の仕事への狭間の休み 倉敷の前日は名古屋へ一人でお出かけしていたらしい。
私の行動力の上を行くかも 彼女(笑)

また次 今度はもっと早く会いたいものです。 ハルちゃんくらいの時から会っていない 
もう高校生になったハルちゃんのねぇねにもぜひ。

余談ですが別の日 桜の頃の倉敷。
雑貨屋さんを覗いたりパン屋さんに行ったり 時間がないのでちょっと駆け足で回っていると
前から 人力車。。あ、、クマが乗ってる。。
a0157619_2240975.jpg
a0157619_22481889.jpg
a0157619_22481199.jpg


少し歩くと また着ぐるみさん。 私結構着ぐるみ系好きなんです。(1回着てみたいくらい)
写真撮っちゃおう~とスマホを向けると着ぐるみと一緒にいたお兄さん「一緒にとりましょうか」
と言ってくださるので一緒にいた友達と(二人ともいい大人なんですけどね)撮ってもらいました。
何かのイベントですか?とお聞きしたところ そのさわやかなお兄さん ボランティアで
観光客の皆さんを盛り上げるために たくさんの着ぐるみさんが出てきて 人力車に乗ったり
観光客と触れ合ったりしてるそう。
ふと先を見るとその先にまた4人くらいの着ぐるみさん。
でもなんとなく どの着ぐるみさんも顔が怖い(笑) かわいい~♪ではなく
悪役っぽいのですよ(笑)
でもやっぱり着ぐるみみるとテンションあがる。 
ちょっと楽しい気持ちになった 倉敷での出来事。
やっぱり倉敷は好きだなぁ。。
a0157619_22482976.jpg

お土産でもらったこのキャンディがおいしくて 会社で部長さんにおすそ分けしたら
ものすごくおいしかったようで「もうちょっとちょうだい」と言われ挙句に私が帰った後
お隣の部署の子にまで「あの飴がとてもおいしかった」と言っていたらしい(笑)
[PR]
by yaesakura130 | 2013-04-15 22:15 | 暮らし 思うこと | Trackback | Comments(0)

花の京都

a0157619_22484947.jpga0157619_22483477.jpga0157619_22482483.jpg







4月5日念願の花の季節の京都に行ってきました。
人ごみは嫌いだし 岡山でもきれいな桜は見られるので 桜のシーズンに行ったのは
今まで一度きり。
その時は 新卒で入って7年勤めた会社を辞める直前でした。
そして今年もまた 同じように仕事を辞める直前に桜の京都。
平日休みじゃなければ 人ごみは無理な私なのでした。

今回の目的は実は桜ではなく 椿。
銀閣寺から哲学の道のあたりにある年に2度特別公開のある 法然院と霊鑑寺に行きた
かったのです。
2度の特別公開のうち1度はちょうど両方とも桜の季節。 紅葉よりも花の季節に来てみたい
と思いつつ春の京都はなかなか予定 天気 仕事もろもろの諸事情で行けずにいました。
当分ないかもしれない平日休み。。そう思い やっと重い腰を上げたのです。
a0157619_22491921.jpg

法然院と霊鑑寺は歩いてすぐの場所にあり 哲学の道からほんの少し入ったところなので 
桜も楽しむことができます。
まずはせっかく来たので 銀閣寺へ。 ものすごく久しぶり。
a0157619_22494355.jpg
a0157619_22493211.jpg

順路に従い上からみる銀閣寺もまた格別。
今回の旅は母とご近所の母のお友達でご近所さんでもあり毎年恒例家族旅行にも一緒に
参加のKさん そしてまた同じ町内の先日亡くなった叔母の夫であるカメラ好きの叔父。
ここに叔母がいなくてこのメンバーでの日帰り旅はなんだかおもしろい感じですが、、
これもまたみんなが日常を取り戻しつつあるということなのでしょう。
そして哲学の道。 結婚式の前撮りをされていました。
平日でもかなりの人混み。 週末はたぶんすごいことになるんだろうな。。
法然院は少し奥まった場所にあるので 人もまばらで 落ち着いて椿を鑑賞。
a0157619_2250638.jpg

ガイドブックに出ていたのと同じ写真撮れました。
a0157619_22502299.jpg

この葉っぱ わざとじゃなくて ちゃんと施されてるそうです。
入り口にある砂は 絵が季節ごとにかわるとききました。 
a0157619_2250369.jpg

いろんな季節感あふれる 訪れる人へのおもてなしのような景色に あぁ日本って素敵と
思ったりして。
そこから歩いて10分ほどの霊鑑寺。
a0157619_2251639.jpg
a0157619_22505824.jpg

法然院のほうが私の中では前から知っていた名前で 霊鑑寺の存在を知ったのはつい最近。
でも椿のお寺としてはこちらのほうが有名なのか 看板も立てられ警備員の方も立ってい
らっしゃいました。
珍しい種類の椿があったり 地面の上に落ちた花ですら美しい。
a0157619_22511636.jpg

あ、ハート形
椿ってバラみたいに華やかな花であることに初めて気が付きました。

最後に立ち寄ったのは平安神宮。 実はこの日の朝NHKのニュースで 平安神宮の紅枝
垂れ桜が見ごろだと言っていたのです。 まさにグッドタイミング。
平安神宮に桜の頃に行ったことがないので これは行かねば。
ここはさすがにものすごい人。 私平安神宮に有料ではいれるこういう場所があるって
今回初めて知りました。
a0157619_22513985.jpg

a0157619_22515364.jpg

a0157619_22522476.jpg

人もすごいけれどやっぱり桜もすごい。 ソメイヨシノより濃いピンクの紅枝垂れは
かわいらしく華があります。
おみくじも桜の木みたいでした。
a0157619_22523785.jpg

花づくしの京都。 来てよかった。
来年の今頃は 落ち着いた生活を送っているのだろうか、何曜日にお休みなんだろうか
お仕事とプライベート ちゃんとバランスは取れているのだろうか。。 そんなことを思うワタシ。
昔は環境が変わることは 不安より楽しみが大きかったのに 今は不安のほうが大きすぎ。
どうか楽しく心穏やかに笑っていられますように。
a0157619_22531733.jpg

母たちはこの椿を見て「あら これうちにあるそうめんの器に似てるわね」などと風情のない
ことを言っておられました(笑)


岡山でのお花見は予定していた日が雨になり 散策のみ。
後楽園の桜は 今年もきれいでした。
旭川の河原の桜は今年は車窓のみだったな。。 残念。
[PR]
by yaesakura130 | 2013-04-10 22:45 | 旅のお話 | Trackback | Comments(0)

花冷えの春

3月 仕事はあわただしく。 
ただ気持ち的には着陸態勢になっていますが どうもまだ5月半ばまではケリが付きそうに
ない予定。
次を早く決めちゃいたいけど 動けない。 
不安もあれば 6月以降のライフスタイルが全く決まらないので 旅に出られなくなったら困るし
今の間にどっか旅に出ちゃおうかな~的な呑気なことも思う今日この頃。
いいのか悪いのか この3月4月にお仕事を辞めちゃう友人がえらく多くて なんだか意味も
なく心強い。

ただ 残り少ないかもしれない平日休みと 今一緒に働いている方との お別れの時間を
意識して過ごしています。
a0157619_22272635.jpga0157619_2227999.jpg










着物女子会 いつものメンバーだけではなく会社の食堂のお姉さんであるYさんと 浴衣仲間で
元同僚のTちゃんも加わり  新しいメンバー。
珍しくあいにくの雨でちょっと残念だったけどレイクサイドガーデンにてランチの後 
ものすごく久々にブルーベージュカフェなど行って お茶。
新しいメンバーになると また情報交換内容も 新鮮で こうやっていろんな友達の輪が
ひろがるのは楽しいなと思いました。
たまにこうやっておしゃれして 集まっておしゃべりって楽しいね。。みんなそう思ったようです。
天気のおかげで写真あまり撮れなかったな。
a0157619_22275297.jpg

Yさんの帯 かわいかったな。
つくづくどこに行ってもお友達っていうのはできるもんなんだ ありがたいな・・とこの2年半を
振り返って思います。
次は浴衣会かな。 去年いろんなお友達から「浴衣会やるなら呼んで」と言われていたので
今年はぜひ。
みんなにとって着物はハードルが高くても浴衣のハードルが低くなってくれたらうれしいです。
a0157619_2228289.jpg

a0157619_22293113.jpg
a0157619_2229239.jpg

3月下旬会社帰りに、倉敷春宵。同じ仕事場のryuちゃんと。
例年の和傘だけでなく 川沿いの小さな蓮の花のキャンドルのような灯や白壁に影絵のような
映像や和紙の灯篭のようなオブジェや。いつもの美観地区とは一味違う雰囲気でした。
ただ 暗いところの写真は難しい。。。
昼間は暑くても夜になるとぐっと温度が下がります。 でもこの春宵に来ると 寒くても春は
本当にすぐそこにきているのだと実感します。
a0157619_2230256.jpg
a0157619_2230133.jpg

3月24日の日曜日は曹源寺の桜が満開。 私の予想より1週間早くあわてて見に出かけて
みました。
おばちゃんの薄いブルーの羽織りものを着て。 一緒に見に行った母に「おばちゃん連れて
きたよ」というと母も「私も・・」と 叔母からもらったフクロウのブローチをさして見せる、
そんな風に日常に一緒にいる感覚も 悪くないかもしれない。

貴重な平日休みも同じ会社のryuちゃん マキさんとともに 隠れ家蕎麦屋。
a0157619_22311730.jpga0157619_2231381.jpga0157619_22305188.jpg









以前何度か行ったことがある灘崎町の「千田」というお蕎麦屋さんをご案内。
この日も雨。 3月はさすがの私も雨にたたられました。
a0157619_22313662.jpg

帰りに寄ったサウスビレッジの市場で お野菜やお花などたくさん買って帰りました。
そこで ミモザの大きな花束がとても安くて 思わず買って帰っていたところ
お店の中で 知らないおばさまから「あら これってモナリザかなんかって花よねぇ」
と声をかけられました(笑)


「ミモザですよ」といったところおばさま「あ~そうだった あははは。。ご近所にたくさん
咲いてるんよ」と言って去って行かれました。 
おばさま 花の名前「ザ」しか合ってないけど。。
今も部屋に飾りつつその会話の下りを思い出して思わず笑ってしまいます。
a0157619_22321457.jpga0157619_223159100.jpg








その日は同級生のカワモトマリコさんの 個展がカフェZ出会ったのでそちらも立ち寄らせて
もらいました。
小学校のクラスメイトのマリちゃんと 偶然お茶しに入ったカフェで再会のが4年か
5年前だったでしょうか?
これもまたご縁だったのだと思います。
いろんな方とのご縁を感じながら  今までとはちょっと違う感慨深い春を送らせてもらって
います。
仕事も遊びもラストスパート!!そんな思いで4月突入!!
a0157619_22371724.jpg

会社の前の桜の木 気が付けばここに来て10年。
10回目の桜 これが最後になると思うとまた感慨深いものがあります。
[PR]
by yaesakura130 | 2013-04-08 22:23 | 暮らし 思うこと | Trackback | Comments(0)