日々を楽しく大切に。好きなもの 好きなこと おでかけ。。そんな日常を綴っていきます。


by さくら
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

<   2012年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

児島で遊ぶ

a0157619_20594977.jpga0157619_210860.jpg










今度は児島の雛めぐり。
毎年ここに来なければ、春が来た気がしません。
平日休み 同じくお休みのTちゃんと二人 児島へ。
a0157619_2111748.jpg

平日なので 土日は混み込みの 野崎家別邸の お雛の同窓会も他に
2組ほどお客さんがいただけでゆっくりと見て回ることができました。
他に人もいないので 案内のおじさんとお話し 展示も兼ねて置かれているうち掛けも
羽織らせてもらい写真まで撮っていただきました。。
a0157619_2122090.jpg

いろんな顔の御顔のお雛様 お社がある御殿雛もたくさんあり 豪華絢爛。。
a0157619_2125848.jpg

着物も御顔も 時代によってはやりってあるみたいです。
ずっとずっと そのお雛の主がこの世にいなくなっても こうやって
お雛のときに飾ってもらえるお雛様は幸せかなと思いました。
うちはここ数年お内裏様とお雛様しか出して差し上げていないので 
申し訳ない。。。
そのあと児島めぐり。
甘月堂のイチゴ大福 フルーツ大福。
a0157619_2133177.jpga0157619_2135070.jpg










餡子だけでなく チョコ カスタード トマト餡 などもあり 中の果物も
いちごだけじゃなくバナナなどもあったりして。。
選ぶのもわくわくします。
少し前に 倉敷の観光冊子で見つけ テレビでもやっていた 児島学生
服資料館。
今回一緒に行ったお友達のTちゃんは 民族衣装系の扮装が好きな方。
ここ学生服資料館ではなんと無料で学生服が着られるコーナーがあります。
まさか そんなコスプレはしないだろう??と思って ちょっと話したとこ
ろ二つ返事で「行く」ってことで。
a0157619_2164431.jpga0157619_217252.jpg










行ってみると ブレザーもセーラー服もいろんな種類があり 黒板 机 
学生鞄と 小道具もそろっていてかなり本格的じゃないですか。。。
a0157619_21124224.jpg

ついつい調子に乗って学生時代一度も着ることがなく憧れて終わった 
セーラー服をこの歳になって着ることに(笑)
二人で「コントみたい。。」と大笑い。
お雛様かコスプレメインかわからない 児島ツアーとなったのでした。
a0157619_2115721.jpg

干されていたこのGパンダの着ぐるみもどうせなら着てみたかった。。
[PR]
by yaesakura130 | 2012-02-29 20:57 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

純喫茶 ひな

a0157619_22332984.jpg
a0157619_22341523.jpg











倉敷のおひなめぐりの期間中「玉島・1960-70年代のファッションと暮ら
し」という展示が行われています。
そのイベントの中で2月の25日 26日限定で<純喫茶ひな>がopenすると
のことで 着物友達の季緒ちゃんと出かけてみることにしました。
着物友達のたまきちゃんが こちらのイベントのスタッフであるので 
彼女のブログでそのイベントについていろいろと 教えてもらっていたので
興味津々。
この純喫茶ひなは 以前はしもとや洋品店であった建物を改修し作家さんが
滞在して 制作、展示等ができる施設として 今は「一鱗」として生まれ変
わった場所で OPENされました。
オープン記念展として開催されたこの展示は この時代のファッションや
暮らしのお道具などが展示され なんだか子供のころを思い出す昭和テイ
スト一色。
a0157619_22343014.jpga0157619_2235989.jpga0157619_22353640.jpg
a0157619_22364269.jpg



















「これうちにあった。。 今でもある~」なんて 古いもの好きな季緒ちゃ
んと 昭和グッズがいまだ家に残っている私とで 盛り上がり(笑)
でもあの頃のものって なんだかとてもモダンで遊び心があったり 
お洋服も斬新だったりして 今見てもかわいい。。

喫茶でお茶をいただいた後 玉島のお雛様 そして倉敷のお雛めぐりもして
きました。
大原美術館の新渓園の広間は今年もお雛様がたくさん。 
a0157619_22372451.jpga0157619_2238556.jpga0157619_22383464.jpga0157619_22385127.jpga0157619_2239457.jpg
a0157619_22382314.jpg




























あぁ今年も春が来たのだなと思います。
お気に入りのパン屋さんや 着物のお店「ちりめんdonya」さんに寄ったり
倉敷をぶらぶら。
先日放映された 鶴瓶さんの家族に乾杯の影響もあって 倉敷は最近大にぎ
わいだそうです。
a0157619_22421789.jpg

本町通りのお茶屋さん 店を出していて そのちょっとレトロなお道具が町に
しっくり合っていました。
a0157619_22423794.jpg

今日は今年初着物。
やっと重い腰を上げて 着付け教室に行き始めた私。
着物を着始めたころは 着物は着つけてもらうもの 一通りお下がりの
着物を着たらおしまいのはずでした、。
でも なんだか緩やかに生活に入り込んできた和の世界。
まだ帯をお太鼓に結ぶのは着付け教室2度目では無理なので 半幅帯に羽織
というかなりずるい自分で着物デビュー
ですが これから練習も兼ねて ちょっと着物頻度が増えそうです。

a0157619_2243712.jpg

純喫茶ひなで 販売されていたくらやみキャンドル。 
もうすぐ3月11日がやってきます。
この日はこのキャンドルの灯りを囲んで 震災の時の暗闇を感じ震災地に
祈り これからの支援を考えるためにと生まれたそうです。

[PR]
by yaesakura130 | 2012-02-28 22:32 | 着物 | Trackback | Comments(6)

パワースポットに松潤

今年は去年よりいい年にしたいなぁ。。 お誕生日が近い 高校の時の友人
陽子ちゃんと そう言いあった今年のお互いのお誕生日。
今まで二人で会うときはたいていランチかスーパー銭湯かお買い物だった
のに 今回どちらともなく「いい年にするためにパワースポットめぐり
する?」なんて話になりました。
少し前に病院の待合室で読んだ「家庭画報」の特集で 中四国エリアのパワ
ースポットはなんと岡山にある吉備津神社と吉備津彦神社だったのです。
どちらも私の好きな神社。 両方めぐるとパワーがさらにアップとのこと。
a0157619_22242492.jpg
a0157619_22245629.jpg









吉備津彦神社は 初めて行ったときに 私は伊勢神宮を思い出しました。 
凛とした雰囲気が好きです。

a0157619_22252266.jpga0157619_22253942.jpg









吉備津神社はあじさいと牡丹のころほぼ毎年行くくらい好きな神社なのです
がこの季節に行くことはあまりないかもしれません。
こちらの神社の雰囲気もやっぱりとても好きです。
鳴釜の神事が行われる建物の前に行くと 「よかったらお参りして行きませ
んか」と中から女性の方が声をかけてくださいました。
上がらせてもらうことに。
こちらの建物は400年前からあるらしく中は 釜を炊き上げたススで
黒光りがしています。
一段向こうに焚かれている釜の下には鬼(うら)が静められているらしく 
お願い事を神殿でした後、こちらにお参りして それがかなうかどうかの
お答を鬼からいただくそうです。
a0157619_2226639.jpg

叶うときは釜がいい音で鳴り やや難しい時は音がいい音ではなかったり 
叶わないときは鳴らないそうです。
そして人によって聞こえたり聞こえなかったりするような不思議なことがた
くさんある 400年以上前から続いている神秘的な神事だそうです。
吉備津神社 芸能の神様でもあるのですが 去年のお正月 嵐の松潤さんが
来られたそうで その時は私の周りも大騒ぎになってましたが 今回その
お話も聞くことができました。
「ちょうど今あなたが座られてるあたりに座られて鳴釜の神事を受けられた
んですよ」とのこと。
松潤さんと同じ所に座っちゃいました(笑)
そして裏山の方にも上られお参りをされたそうです。 
若いのにわざわざプライベートでこちらに来て きちんとお参りされた
松潤さん 素敵な方だなと思いました。
そしてこのパワースポットめぐりで鳴釜の神事のことなども教えてもらえた
し やっぱり力をいただけた気がします。
a0157619_2227325.jpg

やっと遅ればせながら 今年の干支 辰の置物を買うことができました。
去年の兎は伊勢神宮で買ったので やっと我が家で干支の交代です。
a0157619_2227495.jpg

お昼は陽子ちゃんのリクエストでパルパスタでランチ。
私の友達の中で2番目に早く 10代で結婚した彼女。 
息子のセイくんはもう20歳を超え 車の免許もとったそう。
小さかったセイくんがねぇ。。と私も感慨深い(笑)
今は私も彼女も仕事が不定休なので 年に1、2度しか会えないけれど
この20年お互いの環境は全く違うのに 相変わらずこうやって会って
いい時間を過ごせるのが嬉しい。
[PR]
by yaesakura130 | 2012-02-22 22:18 | 暮らし 思うこと | Trackback | Comments(0)

西大寺 はだかまつり

20年ちかくぶりになるでしょうか?
西大寺の裸祭りに行きました。 2度目になります。
毎年 西大寺の裸祭り(会陽)のころはものすごく気温が下がるのですが
まさにその通り。
この数日は雪花が舞うくらいの寒さ。最高気温も4度くらいという日でした。
会陽の会場となる西大寺観音院の近くに 学生時代のお友達が住んでいて 
前回行った時も確か彼女のおうちにお泊まりさせてもらった記憶が。
(数年前までクライマックスである宝木投下は12時でしたが 今は10時になりました)
7時から花火なので 彼女のおうちに車を停めて 河原に向かって歩きます。
冬の花火は空が澄んでいて とてもきれいでした。 
a0157619_221476.jpga0157619_22142667.jpg







それにしてもものすごく寒かったですが。
a0157619_2214599.jpg

花火の後 宝木の投下までの時間は 屋台を見たり 開放しているあたたか
い市民会館のロビーでくつろいだりして過ごし 9時過ぎから西大寺の観音院へ。
もうかなりの人出で ふんどし姿の人たちが 士気を上げるため「わっしょ
いわっしょい」という声がだんだんと大きくなってきます。

30分くらい前から 境内ではもう押し合いがはじまり 将棋倒しのように
人が倒れたりそのたびに 客席から「おぉ。。」と声が上がります。
観客は外国人の方も多く 私は立ち見だったので あまり見えなかったんで
すけどね(笑)
警備の方も 押し合う人たちの中で倒れる人が出るたびに救助に行くのに 
その人の波を縫って行くので 大変そうで 警備のアナウンスが
「○○の場所に<はだか>が一名倒れています。 周りの<ハダカ>のみなさん
も 救助にご協力ください。 倒れている<ハダカ>をみかけたら手を挙げて
知らせてください。」なんて びっくりな内容。
参加されてるふんどし姿の皆さんは「ハダカ」と呼ばれるのが なんだか妙
におかしくて。。
そして倒れている「ハダカ」さんが救助されるたび「ただ今ハダカが救助さ
れました ご協力ありがとう ございました」みたいなアナウンスが流れ そうすると 
ハダカの皆さんや客席から拍手が起こる。。というなんとも みんな心が一つになった
ようななんだか熱い盛り上がり。
a0157619_2216366.jpg

宝木が投下されるときは一瞬境内の電気が消え その香りをたよりに
みなさんが 奪いあいます。 
見ている私たちはそれがどこにあるのか最後までまったくわかりません。
同じ色のしるしを腕に巻いた チームの人たちが 協力し合って宝木を奪い合う。。
この会場からそれを持って抜け出せば その人たちが福男になるそうです。
門の近くでドスンドスンと奪い合うような人の音。
観客の人だかりがすごくて見えませんでしたが みんな本気です。
すごい迫力でした。。
日本三大奇祭とも呼ばれるこのお祭り。
岡山市内なのですが 時間が遅いこともあり意外と行ったことない。。とい
うお友達も多いのです。
ただ行ってみて 本当に地元に根付いた古くから続くお祭りであるんだなと
改めて思いました。
お邪魔したお友達曰く 子供のころ この会陽の日だけは 遅くまで遊んで
いても親に怒られない無礼講の日だったそう。
そういえば お祭りの屋台では 小学生~高校生が多かった気がするな。
今度行くときは ちょっと有料の観覧席で見てみたい。

この会陽が終わると 岡山に春がやってくるそうです。
[PR]
by yaesakura130 | 2012-02-19 22:10 | 暮らし 思うこと | Trackback | Comments(0)
a0157619_21285486.jpga0157619_2129859.jpg









お友達より「よかったよ」と勧められた 大阪の国立国際美術館で開催され
ている草間彌生さんの「永遠の永遠の永遠」
草間彌生さんといえば 直島のカボチャの作者。 
こういえば あぁ。。と思う方結構いるかもしれません。
カボチャも展示されてました。
a0157619_21293562.jpg

現在82歳 真っ赤な髪の毛に 赤地に白の水玉のワンピース そのいで立
ちでのポスター。
今でも 特にここ数年 精力的に作品を生み出している草間さん。
統合失調症?繰り返し襲う幻覚や幻聴から逃れるために、それら幻覚や幻聴を描きとめる絵を
描き始めたそうで、精神病院を拠点にし、今も自殺したい
と思う自分をとどまるために 作品を生み出しているそう。
その奇抜な作品の色合いには 目をひかれ また作品を作られる風景も映像
で放映され 普段は体をささえられながら作品を作り お化粧っけのない方
なのに いったん水玉や華やかな色を見につけると 別人のような。。
いろんな意味で天才すぎるのかなと 凡人離れした 生きざまを読み進める
うちに 作品にどんどんと心惹かれてしまいます。
残像が残りそうな 奇抜な色合いと どの作品にもあらゆるところにドット柄。
今回3か所撮影可能な場所があり ドットの部屋の中での鑑賞はなんだかものすごく面白い。
a0157619_2130186.jpg
a0157619_21303152.jpg
a0157619_21304827.jpg


特に最後の 「チューリップに愛をこめて 永遠に祈る」は水玉の部屋に水
玉のチューリップという今まで未体験な空間。
なんだか楽しかった。。夢に出そうだけど。。
すぐ近くにあるリーガロイヤルホテルのロビーにも この展示に合わせて
草間さんの作品が置かれています。
a0157619_21311433.jpg

こちらの色合いはかわいらしい。。
(リーガでは水玉にちなんだお料理も用意されているそうです)

この日は実は午前中京都の知恩寺の手作り市に行き お昼過ぎに お友達の
Nちゃんと合流し一緒にこの美術館へ。
彼女大阪に嫁いで よくよく話してみると 私たちは5年ぶりに会うらしい。
そういえば彼女が結婚してすぐに一度会ったきりだ。。
それだけ間があいたのにあまりにもお互いかわっていなくて、びっくりする
くらい5年はあっという間なんだなと改めて思ってしまいました。
お料理 特にお菓子作りとパン作りが得意で師範級な彼女。
年下のご主人、いい奥さんを貰ったなぁとつくづく思います。
あぁ料理上手に生まれたかった(笑)
岡山を離れても幸せそうでよかった。

夕方また別のお友達に会うために別の場所に移動する私を駅のホームまで
見送ってくれた彼女。 ありがとう。
[PR]
by yaesakura130 | 2012-02-17 21:27 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

知恩寺の手作り市

a0157619_218433.jpga0157619_2182991.jpg










京都の知恩院の手作り市は よく雑誌などに出ていて いつか行きたいとこ
ろでした。
毎月15日に開催される手作り市。 
毎回境内に300店舗が出店し、1万人が訪れるそうです。
寒いの嫌いなのに よりによってなぜ2月に?と思われそうですが(私も
そう思いました)15日がやっと平日休みの水曜日にあたったので 
前日より大阪にいた私、朝行ってみることにしました。(それも一人(笑))
お友達から聞いてた通り 京阪の出町柳駅からは知恩寺に向けて人の流れが
できていて駅から約10分の道のりも迷うことなく たどり着けました。
境内にはぎっしりとお店のテントが並び 雨が落ちそうなお天気で(でもや
っぱり降りませんでしたけどね)それでもどんどんと人が集まってきます。
今月は寒いのとお天気が悪いのもあって これでも少ない人出だそうです。
10時過ぎに会場に到着。 
お昼過ぎにお友達と別のところで合流予定だったので2時間と決めて散策です。
a0157619_2184893.jpga0157619_2192564.jpga0157619_21113621.jpga0157619_21115937.jpg
a0157619_21161999.jpg




















お菓子 陶器 アクセサリー 布小物 かご、ジャム ハンコ カフェを
出展されてる方も。 
さすが京都と思わせるわ小物もあれば乾物やお漬物 タワシ 植木などを
売ってるお店も。
出展者もお客様も老若男女 外国の方もちらほら。 
テイストはいい意味でばらばらです(笑)
また戻ってみよう。。と思っても なんだかものすごくいろんなお店が
ひしめいているので「どこだっけ?」と戻ることすらままならず。 
この人出のせいか お店の方と会話を楽しむ。。というのが少なかったのが
関西なのに意外。
岡山では今までなかった撮影もお断り。。なんてお店も結構あって 
これはやはり京都の一見さんお断り。。っぽい独特の雰囲気なのかなぁ?
a0157619_2114128.jpga0157619_21142256.jpga0157619_21144264.jpga0157619_21151886.jpg


















こちらのお店では すごく好意的に撮らせてもらって お話もちょこっとで
きたり ほかのところでは試食させてくださったり。
なんとなくウェルカムな雰囲気は嬉しくなります。
岡山から出展されている作家さんもいらっしゃいました。
陶器も素敵なのがあったのですが持って帰る元気がなく断念。。
a0157619_21164628.jpg

時間間際 通りを阻まれ違う通路で出口に向かったときに遭遇した マトリ
ョーシカのエコバッグ。
かわいいのがたくさんあるのに 結局買えなかったなと思ってた瞬間目に入
ったので即買い。
あまりのタイミングで喜んでいると お店のおばちゃん「そんな喜んでくれ
て私もうれしいわ」となんだか最後にして楽しいやり取り。
お昼近くなるとさらに人出は増えて 通路がいっぱいになってきたので退散。
私的には 岡山ののんびりしたテイストの似たものが並ぶ手作り市の方が
性に合ってるかも(笑)
(岡山では5月にあるおひバザとフィールドオブ倉敷を楽しみにしています♪)
今度は京都は観光で 来たくなりました。
王道の観光地を巡る京都の旅がしたい今日この頃。 
旅のお仲間募集中。
a0157619_21171381.jpg

今回のお買いもの
今回買ったのは 豆の入ったいちぢくジャムや焼き菓子 帆布の名刺入れと
マトリョーシカのエコバッグ。
それに帯留にしようかと フェルトのお花のブローチ。
[PR]
by yaesakura130 | 2012-02-16 21:03 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

RummyとBacchus

a0157619_2234419.jpg

「冬になると季節限定発売のチョコレートのラミーが食べたくなるの」とお友達。
「ラミーって何?」と思ってスーパーに行くと 見つけた見つけた。 
これ知ってる 私が子供のころからあったチョコレート、お酒が入ってる
チョコだ~と買って帰りました。
そして見事にはまってしまったラミー。
その話をすると ラミーと一緒に季節限定で売られているバッカスの方が好
き。。というお友達数人とうちの母。
どっちにしても 冬のチョコは止められない。。(笑)

今年のバレンタイン。
チョコレート売り場は 去年に増して 有名どころのお店がやってきていて
楽しい。
昔みたいにチョコレートを買うこともなく あげる人も限られているので 
ほとんど見て楽しむ。。感じですが。

チョコレートを買いに行った休日。 
午後からはきっとチョコレート売り場は大変な人出になりそうだと思い 
開店直後を目指して。
そのまま出石町界隈をお散歩。
かわいい雑貨屋さんを見つけたり カフェpieni..さん前では オルトデリ
さんのお野菜が出張販売に来ていました。
a0157619_22372956.jpg

無農薬で皮まで食べられるというニンジンとルッコラを買って帰りました。
(もちろん帰ってサラダです)
神社や岡山城を眺めつつ のんびりと。。
a0157619_22374581.jpg
a0157619_22375622.jpg

運動不足気味だったので 本当はガシガシとウォーキングをしようと思って
たのが 前日口唇ヘルペスが発覚し皮膚科の先生から「大人しく過ごして
ね」と念を押されていたので 今回はお散歩どまりで。。。
お天気が良くて 春らしく 少し歩くと汗ばむくらいの陽気。 春近し。。

別の日はお友達のチョコレートを買いに行くのに付き合って 帰りに
先日果実酒教室でお邪魔したカフェ パラレルロッチさんで夜ごはん
を食べて帰ったり。。 それもまた楽しい。
a0157619_22383041.jpg

バレンタイン。。 自分チョコは箱の可愛さに惹かれて手前のこのピンク。
で、当日は飲みに入ったお店でもらったり お昼休みにランチメンバーにいただいたり。。
今年はあげるよりもらう方が多かった(笑)
a0157619_22402773.jpg

あげるのは量より質で。
わかってもらえたかなぁ。 1粒ショートケーキ並なのが。。
と思いつつ 横から1粒いただきましたが。

[PR]
by yaesakura130 | 2012-02-15 22:33 | おいしいもの | Trackback | Comments(0)
a0157619_22112258.jpga0157619_22114669.jpg







いつもお誕生日のお祝いをしあっている 高校時代の同級生Kaoちゃん 
そらちゃんが 私のお誕生日会をずっと行きたいといっていた 「ぱんご~の
さんの石窯ランチでお祝いしてくれました。
ぱんご~のさんは玉島の住宅地を抜けた先にあります。
2度目にもかかわらず地図を見ても迷ってしまう感じで(笑)

平日だったので 予約のお客さんは私たちだけ。
石窯のミートローフがこの日のメイン。

a0157619_22251324.jpga0157619_22125751.jpga0157619_22131099.jpga0157619_22132624.jpga0157619_22134837.jpga0157619_2214416.jpg












でもオーナーさんにとっては このサンドイッチがメインなのかも。
毎日午前二時から仕込みに入るというパン。 
天然酵母のパン この日ははっさく。 敷地内になっていたもの?
オーナーさんの手作りの窯に手作りの建物。 

少しお話したのですが こだわりというか 本当に職人さんだなぁと また
自分の仕事が好きで誇りを持ってるんだなというのが ひしひし伝わってき
ました。
半屋外の建物だったにもかかわらず 気持ちのいい陽気で 手間暇かかり心
のこもったお料理をいただき満足です!!
買って帰ったパンも 本当においしくて。
ちょっと遠いけど またパンを買いにこなければ。

そのあとは倉敷に回りイオン→アリオ&アウトレット。
二人からのプレゼントは私の希望で無印で パイン材の折りたたみの
ローテーブルを買ってもらいました。
a0157619_22154980.jpg

ありがとう!!(今使っているガラスのは重くて凹凸があるから使いづらかったのです。。)
a0157619_22192327.jpga0157619_22194948.jpga0157619_2220362.jpga0157619_22201821.jpg
















他にもお誕生日にはたくさんのメッセージや遠方のお友達から 郵便でもプ
レゼント。
みんなありがとう。
お友達の小学生や保育園児の娘さんからもお手紙をいただき 嬉しい限り。

去年のお誕生日は 仕事もなんだかままならず 先行きがまるで見えず ど
こにも必要とされていない気がして不安で不安で思わず涙してしまっていました。
今年は、それに比べたら少しは楽。
でも相変わらず好きじゃない仕事 毎日毎日違う職場。 
先月今月は諸々の諸事情により 午前と午後も違う場所で違う仕事だったり
もして。 さすが疲れた。
みんないい人だけど 都合よくつかわれてる感は間違いないし 頑張っても
何があるわけでもない、それがものすごく辛くて 去年後半はストレスから
か 原因不明のいろんな諸症状に悩みようやく年末あたりあたりから少しだ
け吹っ切れて今に至る。。そんな状態。
あ、でも先週口唇ヘルペスができて またしても「ストレスですね 疲れな
いように」と皮膚科の先生に言われた私。
1年頑張ろう。。そう思って過ごした一年。 
仕事をすること自体はむしろ好きなのだとも思う。
自分より年下の子が1つの仕事を自分の仕事として自分の意思で動いて働いているのを
見てうらやましくなることも。
でも怒ったりへこんだりするパワーもなくなった。
先に辞めたお友達に 「怒らなくなったらもう末期。 あきらめちゃったの
よ」と笑われる。。


さぁ今年はどんな一年になるのかな どんな一年にするのかな。
少しでも幸せな1年に。 納得のいく未来につながる1年にしたいかな。
[PR]
by yaesakura130 | 2012-02-10 22:08 | 暮らし 思うこと | Trackback | Comments(0)

雪の湯治旅

a0157619_21573558.jpga0157619_2158359.jpg









去年年末から 叔母が入退院を繰り返し 治療を受けています。
その叔母の言いだしで急遽 三朝温泉の湯治旅の話が持ち上がりました。
なかなか土日には休みが取れない私。
みんなが私に合わせてもいいといってくれるので 水木の平日の旅。
従弟もお休みを合わせてくれ 叔父叔母 従弟夫妻 母と私の6人の家族旅行。
数年前従弟が大きな車を買ってから時々 遠出に連れて行ってくれます。
私はなかなかお休みが合わず参加できないことが多いのですが 
今回は久しぶりにお供させてもらいました。
三朝温泉に行くのは 以前ちょっと立ち寄ったくらいで 泊まりで行くのは初めてです。
こちらからは高速では不便なので なかなか行くこともない場所でした。
ただ 出発の日から寒波がやってきていて 高速の真庭あたりから雪が見え
るようになりました。
最初は喜んで写真を撮っていたのですが 高速を降りて下道の峠を越えるあ
たりはすでに豪雪。 
a0157619_21591152.jpg

民家はあるもののお店などなく 道も真っ白で かなり寒かったのでした。
宿に到着し 散策はあまりの寒さにそこそこに切り上げ(とてもひなびた温
泉で 橋のそばのいつもパンフレットに載っている温泉のそばの足湯はこの寒さでぬる~い)
他の足湯はあたたかく 源泉を飲めるところもありました。
a0157619_21593428.jpg

今回の宿は お風呂自慢の宿でいろんなお風呂があります。
勿論制覇しました。
お風呂上がりにふるまわれるのお茶や素朴な味のゼリーも嬉しい。
a0157619_2201595.jpg

朝のお風呂はちょっとの間貸切。贅沢な時間でした。
a0157619_2204686.jpg

夜はカニカニ。
a0157619_22182.jpg

従弟夫妻はカニが大好物らしく この宿を決めたそうです(笑)
お腹いっぱい食べて従弟夫妻と飲んで なんか家族旅行もなかなかいいかも。
翌日はさらに豪雪。 無事帰れる??と思うくらい。
境港で お魚の市場を見て回転ずしを食べ帰途へ。
a0157619_2221415.jpg

a0157619_2212747.jpg
a0157619_2214293.jpg

吹雪けば車の外は真っ白で何も見えない世界。 
晴れたと思えばまた吹雪の繰り返し。
道路もセンターラインも何もかも真っ白で 道路わきの溝に突っ込んで立ち
往生している車。
高速では フラフラしているトラックと、かなり危険な状態で 雪になれな
い私たち、目の当たりにして雪道はホントに怖いなと思い知りました。
でも北房を越えたあたりから嘘のように雪が消え 岡山は晴天。
今回ぽっかりと平日に仕事が入っていなくて すんなり休めましたが、行っ
てよかった。
子供のころは 叔母一家とうちの一家で 大抵は叔母の言いだしでキャンプ
や日帰り旅に出かけていました。
カメラが好きな叔父が 小さいころの私たちのビデオや8ミリをたくさん撮
ってくれています。
いつの間にやら行かなくなったけれどまた年を経て こうやっていけるのが
うれしい。
従弟のお嫁さんも 小姑の私が一緒でも いやな顔もせず よい方でよかった。
また来週から叔母は治療に入ります。
かなりきつい治療で いつもは弱音を吐かない叔母が「あぁいやだな 憂鬱
だな」と帰りの車の中でポツリ。
何もしてあげられない私が申し訳なくて。
あと何度も何度もこうやってみんな元気で家族旅行をしたい。。そう願
うしかできないのでした。
そしてこんなときだけれど みんなが肩を寄せ合って穏やかな時間を過ごしている
ことが 幸せだと思いました。
[PR]
by yaesakura130 | 2012-02-08 21:53 | 旅のお話 | Trackback | Comments(0)
a0157619_17164038.jpg

a0157619_17184432.jpg

カフェ pieni..さんの教室 パラレルロッチさんで行われる果実酒教室に
行ってきました。
去年は土日のお休みがあまりなかったので なかなか参加できませんでした
が今年に入ってちょっとだけ融通がきくようになり2月3月とも2度ほど日曜
休みが取れそうな感じ。
今回もちょうどお休みに入っていたこの教室に行きたくて お友達を誘って
みました。
パラレルロッチさんは行ってみたかったのよ~というお友達。 
私もここのランチは気になってました。
雑居ビルの4Fにあるカフェはこぢんまりして ちょっと懐かしい感じ。
たくさんの果実酒の瓶がならんでいます。
a0157619_1717371.jpg


メニューには日本酒漬、ウォッカ漬、ラム酒漬、焼酎漬、ブランデー漬があ
り 林檎 桃 梅 梨 ビワなどいろんな種類があるみたい。 
どんな味??と思ったのがウォッカ漬の山椒と焼酎漬のウコンや珈琲。
これらのお酒 飲み方は ロック ストレート ホット 水割り 湯割り 
ソーダ割 牛乳割と選べるらしい。
a0157619_17174260.jpg

私が飲んでみたいのはラム酒漬のマンゴーか ビワのお酒かなぁ。。
なんて思っていたら お教室が始まりました。
総勢9名 今回は干し柿のラム酒漬。
a0157619_1718050.jpg

干し柿のヘタをハサミとって 瓶に入れ ラム酒を注ぐだけ。
2週間後くらいから頂けるそうです。
(下ごしらえは全部してくださってました。。)
a0157619_17181675.jpg

出来上がった果実酒は アイスにかけてもおいしいとのことでこの日の教室
のデザートはアイスのラム干し柿漬。
中の干し柿も小さく刻んであっておいしい!!
アイスの中ではラムレーズンが一番好きなので これはめちゃくちゃ好みです。
次はイチゴを使うかも。。とのことで、またお休みが合えばいってみたいで
す。

教室は夕方だったのですが この日のお昼は 元同僚の美妃ちゃんが 娘の
めぐちゃんを連れて 帰省中だったため 会いに行ってきました。
なかなか一緒に行くお友達と予定が合わず数日前に急遽決まったのです。
(やっぱり今年の私も忙しいようです(笑))
a0157619_1719349.jpg

1歳とすこしのめぐちゃんは見るたびに女の子らしく可愛くなっていきます。
人見知りもしないしほんとにかわいい。 癒されました。
相変わらず美妃ちゃんは悪魔っぷり。。いや節約っぷりを発揮していて見習
わねば(笑)
在職中はあまりお休みの日にこうやって会うことはなかったのに 今は帰省
のたびに連絡をくれてこうやって会うことに。
不思議なものです。
この日 彼女宅でいただいた 焼き鯖鮨が絶品。
鯖鮨ってしめサバのイメージがあったんですが 焼き鯖ははじめてかも。 
おいしかった。。。。

*先日のNHKの鶴瓶の家族に乾杯は倉敷の美観地区と本町通りでした。
よく行くお店 よく歩く道がたくさん出ていて 嬉しい。 
再放送も2月12日のお昼にあるみたいです。
私が欲しいとずっと思っている ルビー色のグラスの置いてあるお店や
食材のお店平翠軒なども出ますので お時間が合えばぜひご覧くださいね♪
[PR]
by yaesakura130 | 2012-02-06 17:14 | 暮らし 思うこと | Trackback | Comments(2)