日々を楽しく大切に。好きなもの 好きなこと おでかけ。。そんな日常を綴っていきます。


by さくら
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

畠瀬本店食品部

最近は私もお友達もどうも忙しかったり不調だったりとあまり遠出をしておらず
近場でランチをしたり お買い物をしたり ぶらぶらと。
畠瀬本店食品部でランチ。
a0157619_226777.jpg

その日は土曜日だったのでかなり混んでいて待ったのですが 優しいランチが食べたくて。
建物も古民家っぽくてほっとします。
a0157619_226469.jpg

a0157619_2272214.jpg
a0157619_2274163.jpg

ランチの後お店の方が「ずいぶん待ってくださって申し訳ないので」と飲み物をサービス
してくださいました。 ショウガの風味がおいしいドリンク。
この味ハマりそうです。
後日母を連れてまた行ってみました。 この日も平日なのに待ちました。
人気なのですね。
お店の方 覚えててくださって、これも人気の秘密なのかも。
実はこのお店のオーナーのおばあさまに うちの母 昔お料理を習ってたそうで。
なんとなく縁を感じます。

ランチの日 お友達と県庁界隈の雑貨屋をぶらぶら。
a0157619_2281982.jpga0157619_228357.jpg







あのあたり車では通るけど意外と歩くことがないのです。
新しい発見もありました。
そういえば図書館も 平日休みになったら行くぞ。。と思ってたわりにはまだ一度も
行けてません。 
家の掃除 物をザクザク処分する!!、もできてないし。
何事も思うようにはいきません。。。

畠瀬さんにはそのあと2度 一度は母と もう一度は子供連れのお友達と行きました。
その時のメニューはこちら。
a0157619_2293838.jpg
a0157619_2295176.jpg



a0157619_22102125.jpg
初対面同士だったお友達の子供たち すぐに仲良くなってました。 微笑ましい。。
[PR]
by yaesakura130 | 2011-10-31 21:57 | カフェ | Trackback | Comments(0)
a0157619_2141570.jpg

有馬に行こうとお誘いを受けたのですが 土日休みはどうも取れそうもあり
ません。
金曜土曜か もしくは日曜月曜なら何とかなるかも。。という私のわがまま
をきいてお休みを取ってくれたお友達二人。

神戸を経由して有馬へ。
神戸のお目当てはロシア雑貨の店「いりえのほとり」。
a0157619_21345581.jpg

a0157619_21533795.jpg

マトリョーシカ好きのyukoさん それに感化された私たち。
雑誌に載っていた マトリョーシカたくさんのこのお店。
一度行ってみたか ったのです。
お昼を異人館で食べて 行きついたお店。
引き出しの中にもマトリョーシカがたくさん。 同じ色形でも微妙に顔の表
情が違うのが面白い。

みんなそれぞれ買ってしまいました。
神戸はまたゆっくり行きたいなと思いました。

夕方有馬に到着し あたりを散策。 ただ日が暮れるのが早いのと6時には温泉街のお店が
しまってしまうのには驚き。
お目当てのお店 行きそびれてしまい残念。
ただ泊まった「花小宿」さんは古いたた佇まいながらモダンでとても素敵な
お宿でした。
a0157619_2136024.jpga0157619_21361988.jpga0157619_21363956.jpga0157619_2137529.jpg



















晩御飯もおいしいし季節感いっぱいでうれしい。
また 有馬の老舗旅館 「御所坊」さんのグループなので 御所坊さんのお
風呂(途中から混浴みたいになるあのお風呂)にも入ることができました。
a0157619_21401292.jpga0157619_21403159.jpg









有馬のお湯ってホントに茶色なんですねぇ。。。と改めて思ったりして。

翌日は 三田の有名なes koyamaさんへ
こやまロールは予約がいるとのことであきらめていたのですが 予約なしで
少し並ぶだけで買うことができました。
パン カフェ 焼き菓子 それぞれ別の棟で 閑静な住宅地 そこだけがに
ぎわっていました。
a0157619_21413849.jpga0157619_21415439.jpga0157619_2142634.jpg







とてもおしゃれな雰囲気で パンも見た目も素敵だし なかなか行ける場所
ではありませんが 行けてよかった。
帰りは三田のアウトレットに寄って帰宅。
アウトレットではあまり物欲もなく見るだけ~。
スニーカーのいいのがあればと思ったけれどそれも見つけられず。
実はアウトレットで買い物はそれほど得意ではないというか結局目移りして
何も買わなかったりせっかく来たから何か買わなきゃと思って買ったものを
全然使わなかったり(笑)
今回もそんな感じでした。
連休をとった翌日からは連勤。
それがまたつらいところ。
でも たのしい二日間を過ごしたからお仕事しましょう。うん。

お友達と話していて 自分がいかに甘え下手で自らをしんどくしていること
に気がつきました。
うちって父親が厳しかったので 何でも自分でやる。。という癖が付いてい
るらしくなんともかわいげのない私。
友人たちは父親が甘く送り迎えなど当たり前にしてくれてたので わがまま
になった。。と笑う。
混ざってたらちょうどいいのかもね(笑)

a0157619_2147232.jpga0157619_21433817.jpg


有馬の旅館で外歩きに貸してくださったこのかごが妙に気にいってしまった。 
お土産は有馬サイダーとドロップ。

[PR]
by yaesakura130 | 2011-10-26 21:30 | 旅のお話 | Trackback | Comments(2)

お蕎麦のおはなし

去年くらいまでの数年間 お蕎麦屋さん開拓が自分の中でのブームでした。
それもちょっと郊外にあるような お蕎麦屋さんを目指して。

岡山は香川が近いので 圧倒的におうどん屋さんが多いのであまりお蕎麦を
いただくことがなかった私。

季緒ちゃんに教えてもらった 灘崎町の山の手にあるお蕎麦屋さん
千田。
場所が今ひとつわからなかったら当時同じ派遣元で働いていた若い男の子が
「あ。。これ僕んちの近くですよ」と偵察に行ってくれ更に地図入りの名刺ももらって
きてくれました。 GOOD JOB!
初めて行った日、その数日前は雪
市内や一般道路はすっかり解けていても そのあたりはまだ雪景色。
危なく私の車では行き着けないところでした。
a0157619_11445279.jpg

a0157619_11463891.jpg
a0157619_11472363.jpg

民家風の建物でわかりにくいところにあるにもかかわらず お客さんは結構多くて 
それもまたびっくりです。
そのあと2度ほどtonoさんと。 私は前回気になっていたフォアグラとなすのおそばを頂きました。
a0157619_11495077.jpg
a0157619_11501152.jpg

意外すぎる組み合わせですが おそばとフォアグラってあっさりと濃いもの。。であうんだなと
思いました。(この時はtonoさんのおごりということでちょっぴり贅沢をさせてもらいました(笑))
他にもtonoさんと山陽町の民家にあるお店や 倉敷の美観地区にある石泉に行ったり
a0157619_1151015.jpg
a0157619_11511310.jpg

着物友達とは同じく倉敷の本町通にある さくらにいき。さくらのだし巻きは絶品でした。
a0157619_1152179.jpg


市内でも お友達と少し前にご一緒。
a0157619_11534166.jpg
a0157619_11535588.jpg



最近はなかなかおそばを食べに行く機会がないのですが また隠れが蕎麦屋を見つけたらいって
みたいと思っています。
(今発売中の 岡山の雑誌「オセラ」はそば特集のようですね。 気になります)


実は私もこの私のお蕎麦ブームがやってくるまでは お蕎麦は大晦日に食べるくらいでした。
いまだお蕎麦はちょっと高級で大人なイメージ。
うどんはリーズナブルで美味しいお店が多いのでついついおうどん屋さんに行ってしまいます。
県外から遊びに来た友達には「安いのに美味しい」といってもらえるし 一人でも入れるので。。。
特に子供のころから行きつけの 自分で麺を温めるセルフうどんが好き(笑)
a0157619_11524937.jpg

麺類が好き。。。そう言ってしまえば そうなんですよね きっと。
あたたかい麺が恋しい季節となりました。
[PR]
by yaesakura130 | 2011-10-24 11:38 | おいしいもの | Trackback | Comments(0)

旅湯 ABRIGOの お話

a0157619_11264424.jpg

もう5,6年前のお話です。
有馬温泉は高い!と言うイメージがあって敷居が高かったのですが
SAVVYという雑誌(吉田牧場や私が行った多くの場所はこの雑誌発信
が多いのです。 写真がきれいなのでお気に入りの関西発信の女性誌で
す)で有馬で小洒落たコンドミニアムがあるのを見つけて、いきたい
と思っていました。
当時いた会社の派遣メンバー4人は5つずつ歳が離れているにもかかわらず
仲がよく年に二回 近場に旅行にいってたので 「次はここにする?」
と言う話は簡単にまとまったのでした。
(余談ではありますが 他には関金温泉骨酒ツアー 湯原温泉色浴衣ツアー
などに行きました。)
それをききつけた当時のうちの上司たちも参加することになりにぎやかに。
a0157619_11292492.jpg

a0157619_11365264.jpg

このコンドミニアム 有馬の中心地にあり目の前には金の湯 そして足湯
有馬の老舗旅館 御所坊のお湯にも入れるのです。
ちなみに御所坊は褐色のお湯で 面白い造りになっていました。
コンドミニアムなので食事はキッチンで自炊。
買出しでワイン チーズ などを持ち寄り 有馬の中にはおいしいパン
屋もありそれほど不便ではないし それがまた楽しかったり・・・
a0157619_1128050.jpg

a0157619_11371445.jpg

パスタやサラダ、温泉卵キャビア添えなんかを上司が中心になり作って贅沢。。
コンドミニアムのつくりは下の階は和室2つと キッチンと広めのリビングダイニング。
上の階はベッドルームが二つとジャグジー付きお風呂
到着して御所坊のお湯に入り 買出しを散策つきでしたあと 食事の準備。
ワインを飲みながら食事をして また足湯。
話は尽きず 他の観光客の人とも足湯で色々お話したりして・・。
真夜中まで飲んでは話し・・ まるで大人の合宿。
もっと若い頃は男女関係なくこんな風に集まって夜中まで飲んで話し
て・・ってことはあったけど 大人になってしまうとなくなってしまいますものね。
なんだかとても楽しくて。
遅く起きた朝も昨夜の残りのチーズや野菜 そして前日買ったパンで豪華な朝食。
なかなかこんなおしゃれな大人の合宿はこの先ないだろうな~と その時
思ったのを覚えています。
あの頃一緒に働いていたお仲間は 本当に素敵な方たちで
でも転勤や派遣の任期の関係でそれほど長い間ではなかったはずなのに
とても思い出が多く もう一度一緒に働いてみたい。。そう思う方たちでした。

a0157619_11294453.jpg

10月下旬 また久しぶりに有馬に訪れます。
[PR]
by yaesakura130 | 2011-10-20 11:23 | 旅の思い出 | Trackback | Comments(0)

栗拾い

a0157619_22513538.jpg

栗拾いに行きたいといろんな友達に言われていたのですが 近場でできると
ころが少ないうえ今年は栗が不作だったせいか「団体しか受け付けてませ
ん」とか「もう今年は終わりました」と言われちょっとあきらめかけていました。
ふとした時にえらく近場の温泉で 栗拾いプランを見つけ問い合わせたとこ
ろまだかろうじてその週末まではやっているとのこと。
さっそく予約してお友達と行ってきました。
お昼にはお吸い物と栗ごはんのおにぎりがつきます。
a0157619_22525239.jpg

建物の前の山に行くと栗。
ただ手前の栗は小ぶりでもう終わりとのこと。少し上がったところの栗の木
から係りのおじさんが栗を落としてくれます。
もう栗は終わりかけらしく 行く前から袋入りの栗を渡された私たち。。
ちょっと拾ったら終わりかなと思っていたら その落としてくださった栗の
一つ一つが大きい。。
a0157619_22521180.jpg
a0157619_22522759.jpg

a0157619_22533991.jpg

ちょっと拾っただけでも袋はあっという間にいっぱいになりました。
もう終わりだったからずいぶんとおまけをしてくださったみたいで袋に入り
きらないほどのお土産付き。
ありがとうございました。

あっという間にくり拾いが終わり 帰りにお茶。
久々に「TACSUM」に寄りました。
久しぶりに タクサムトースト。
a0157619_22531357.jpg

二人で一つをいただきましたがそれでもかなりのボリューム。
ほんとにおいしい。たまに食べたくなるのです。
[PR]
by yaesakura130 | 2011-10-19 22:50 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

木蓮の涙

何年かぶりにコンサートに行きました。
ここ数年 人が集まる場所が苦手だったのと それほどコンサートに行きた
い!!というアーティストさんもおらず 気がつけば何年も遠ざかっていました。
スターダストレビュー。 
数年前まではお友達に誘ってもらい毎年のように行っていて 行かなくなっ
てからも毎年 声はかけてもらえるのですが 今年はたまたまお声がかかる
数日前 深夜のBSの番組か何かでスターダストレビューが歌っていて
「今年は来ないのかなぁ」と思ってたところだったのでなんだか久しぶりに
行ってみよういかなぁと。。
行ってみると今年はデビュー30周年だったそうで 私が一番聴いていたころ
の最初の10年くらいの曲もしっかり歌ってくれて なんだかいろんなことを
思い出しました。
スターダストレビューは私がまだ大学生のころ 私の好きなタレントさ
んが出るドラマの挿入歌をうたっていてそのころそのタレントさんを好きな
お友達とその曲をきき始めたのがきっかけ。
だから曲をきくとその頃の思い出とリンクしてしまうのです。
誘ってくれるお友達も今じゃ高校生のお子さんのママさんで でも相変わら
ずパワフルなんですけどね(笑)
彼女ともめったにあわなくなったので今回久しぶりにご一緒して あのころ
のいろんなことを思い出した感じ。
ボーカルの根本要さんは 歌はものすごくうまいけれど トークがものすごく面白くて 
とても腰が低くて、ホントに楽しませていただきました。
今回は時代ごとに曲が進むので乗りのいい曲とバラードが混在するため
「この曲は立って この曲は座って まぁずっと立っててもいいですけど
後ろの人には迷惑ですからね」なんて笑わせてもらいました。
毎回生で「木蓮の涙」をきくと会場涙涙なのですが やっぱり今回も。
隣の席の友達と同じ曲で涙していました。。
30年30曲 夕方5時から始まり 終わったら9時回る直前。
4時間弱の長丁場でした。


この日は久しぶりの日曜休み。
午前中は別のお友達とうちの近くの一般のお宅を開放しての 作家さんの手
作り市に行きました。
a0157619_22475673.jpg
a0157619_2248626.jpg
a0157619_2248182.jpg

いつもこのおうちの前を通勤しているのですが 屋根の傾斜に芝?みたいな
ちょっと気になるおうちでしたが インテリアも暖炉があったりととても素敵でした。
そのあと同じ方面だったので 少し前まだ3分咲きだった 岡東浄水場のコ
スモスにもまた立ち寄ってみました。
a0157619_22483722.jpg

ちょうど満開。
風にゆらゆらゆられ 前より一層華やかに咲いていました。
それにしても 今年の秋は暖かい。。を通り越して暑い。。。
[PR]
by yaesakura130 | 2011-10-17 22:45 | 暮らし 思うこと | Trackback | Comments(0)

森へ

緑を求め、森林へ。
と言ってもうちから車で15分くらい(笑)
そして緑が恋しいだけではなく コロンバージュさんの秋のランチボックス
が気になっていたのでお友達と買いこみ 近くの森へ。
ちょっと腰を痛めていた友人(くしゃみでそうなったらしい)なので それ
ほど奥にはいかず森の入口のベンチでランチタイム。
a0157619_2143222.jpg

サラダにキッシュに サンドイッチに かぼちゃのプリン。
なんだか盛りだくさんで楽しい。

雨の降った翌日なので 緑もきれいだし まだ紅葉には早いけれどきっと
紅葉しても美しいこと間違いない。
a0157619_2144087.jpga0157619_21441479.jpga0157619_21442863.jpga0157619_21444789.jpga0157619_2146827.jpga0157619_21462185.jpg






























友人と今度はお弁当を持って 自然保護センターにピクニックに行こうと
約束。
なぜだか彼女「だったら私 おでん作ります!!」って宣言してくれたけど。
どうして お弁当持って。。がおでんになったのかその発想は不明(笑)
もうちょっと紅葉した頃また お弁当を持って緑に帰ろう。。そう思ったのでした。

ランチの後は 平日の市内に繰り出し 私はお友達へのお誕生日のプレゼント探し。
10月は本当に親しいお友達のお誕生日が多いのです。

10月に入り どうも体調不良。
ひどい肩こりは整骨院でも治らず 軽いめまいや頭痛、動悸 呼吸も浅くな っていて時折息苦しく
なり なんだかおかしい。
ネットで検索すると更年期か自律神経失調症かというくらいどちらの症状に も酷似していて。
あまりにつらくて病院に行ったところ 甲状腺を疑われ検査を受けることに。
幸いなことに甲状腺は大丈夫だったけれど やっぱりストレス性の不安から
の軽い過呼吸や動悸 他もろもろらしい。 やっぱりなぁ。。 日によって しんどかった平気だったり。 どうなんでしょ。
現在同じ系列会社4つを掛け持ち状態で 2日として同じ職場で働くこともなく
また私の席もないので どこに行ってもやっぱり気を使ってしまう。
社員さんとのモチベーションの差 それに反比例の待遇の差などもちょっと目の当たりに感じること
もあって なんだか本当にがんばれなくなってきた。
みんなに心配をおかけして いろいろ励ましていただいたのですが どうも 体がついていかず。。と言う感じです。
ちょっと気持ちも仕事も ペースダウンしようと
思います。

[PR]
by yaesakura130 | 2011-10-16 21:42 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

おひさま

毎朝 NHKの朝の連ドラが私の時計代わりで 行く場所に寄り微妙に連ドラ途中で出かけたり 
終わってから出かけたり。
9月末までやっていた「おひさま」は私の好きな安曇野が舞台だったのと 俳優さんもみんな
なんだかほのぼのとした素敵な方が多くて ストーリーも戦前から戦後だったのに 決して
暗くなくて なんだかあまり裕福ではない時代のお話なのに家族や友人たちとの
距離がとてもとても近くて心がなごむので 毎朝欠かさず見ていました。
安曇野は信州が好きな母とおととし行きました。
それまでも泊まったことはないものの信州に旅する途中に何度か立ち寄ったことがありますが
美術館も多く、一度ゆっくり行ってみたいと思っていました。
泊まってみたい宿もあったので余計に。
おととし母が入院 手術となった時「退院したら安曇野のあなたが行きたがってた旅館に行き
ましょう 心配かけたからお母さんがおごるわよ」という約束をし その年の秋 
その言葉通り二人で安曇野に出かけました。
泊まってみたかったのは「なごみ野」という宿
テレビの旅番組をみて そのたたずまいに一度行ってみたくて。

安曇野に到着後 駅前の「一休庵」さんでおそば。 
a0157619_21282347.jpg

「なごり雪」というおそばをいただきました。
そのあと観光案内で教えてもらった「絵本の森」へ。
本当に森の中にあり いろんな美術館やカフェが森に点在している感じ。

a0157619_21293591.jpg
a0157619_21294613.jpg

どれも小ぢんまりとしていい雰囲気です。
ただし点在しているので 車ではなかった私たちはあまり回れなかったのが残念。。
足湯を楽しんだりしたあと お宿へ。
a0157619_2130926.jpg
a0157619_21302177.jpg

ロビーには暖炉もありいい雰囲気で ウェルカムドリンクをいただきました。
部屋は思ったよりは広くなかったものの なんだか落ち着ける空間でした。
a0157619_21305711.jpga0157619_2131666.jpg










晩御飯はものすごく豪華で 2時間以上かけて創作和食をいただきました。
食材もこちらではあまり使わなかったり見たことのないものがたくさん。。。 
母のほうがしっかり食べて私のほうがギブアップしそうでした。
母と二人だけの旅も こんなにゆっくりの食事も久しぶりだった気がします
温泉に入り 館内には 図書館もあり そこで本を部屋に持ち帰り 読みながら眠りにつきました。
朝の露天風呂も朝食もとても素敵。
a0157619_21314014.jpg
a0157619_21315762.jpg

食後のデザートとお茶は森の中のテラスでいただきます。
a0157619_21324433.jpg

戻ってからも母はここで飲んだコーヒーがおいしかったと何度も言っています。

この旅のとき ブログで知り合い 岡山から松本に転勤したれいこちゃんが会いに来てくれました。
岡山時代はまだお子さんもいなくて 着物でお出かけしたりカフェや晩御飯に出かけたり。
いっしょにすごした時間はそれほど長くなかったのに いろんな思い出がたくさんのれいこちゃん。
宿の前のアザレアギャラリーさんでお茶しました。
a0157619_21334100.jpg

私はコーヒーは飲めないけれど 温泉だしコーヒーはかなり気になりました。
坊っちゃんかぼちゃのプリンも同じく(笑)

また翌日帰り際 安曇野に嫁いだお友達 みなちゃんも会いに来てくれました。
彼女もまた その時二人目のお子さんを出産する直前。
れいこちゃんもみなちゃんもお子さんがいない時代に一緒に過ごしていたのでこの会わない数年に
すっかり素敵なお母さんになっているのがちょっぴり不思議。

秋の信州はちょっぴりもの寂しい感じもしたので次回は初夏くらいに行ってみたいなと思いました。
岡山とは風景も空気感も違う信州。。好きです。
今年はなかなかまとまった休みがとれないので ちょっと遠めの旅は来年以降のお楽しみと
なりそうです。
a0157619_21333572.jpg
そういえば おひさまのあとの連ドラ「カーネーション」は岸和田が舞台なの
ですが 街のシーンの撮影は倉敷で行われていたようで たまに倉敷の
美観地区が出てくるのが見逃せません。
またドラマ「蜜の味」は牛窓が主人公の故郷。
たまに知ってる風景が出ると思わず見入ってしまいます。

[PR]
by yaesakura130 | 2011-10-08 21:25 | 旅の思い出 | Trackback | Comments(0)

芸術の秋 食欲の秋

カメラを持ってでかけるとカメラを持ったおじさまたちと世間話をすること
があります。
みんな熱心に どこそこの風景がよかったよ とか どこそこの花がきれい
だよと いろんな素敵な撮影場所を教えてくれます。
今回行った奈義町現代美術館もその一つ。
昔行ったことはあるのですが 写真は撮らなかったかも。
ここの美術館、写真も撮っても大丈夫らしいのです。
ここを教えてくださった方はここで撮った写真が賞をとったのだとか。
建物自体もちょっと変わった形です。 
a0157619_21185731.jpg

a0157619_21194839.jpg

a0157619_2120792.jpg

エントランスを入って一番最初の展示室「大地」は水に石の中に ワイヤー
のようなものが絡み合ったオブジェ。
その奥に進むと 展示室「太陽」に上がる前の ちょっと黄色い 写真のた
くさん貼ってある部屋があります。
a0157619_2121432.jpg

ここもなんだか面白い。 黒い小さならせん階段を上がると 今回一番見た
かった 奈義の龍安寺へ。
a0157619_21212837.jpg
a0157619_21213824.jpg


外から見える横に伸びた円柱がここ。
上下と左右が円柱の中で同じような仕様になっていて なんとも摩訶不思議な空間。
左右にある庭園が不思議。

実は昔は大丈夫だったのに 今回はこの空間にちょっぴり酔いそうでした。
どうも三半規管が弱いのです(笑)
でもたくさん写真を撮らせてもらいました。
最後は展示室「月」 お友達によると満月の夜はこの部屋に月明かりが通り
抜けるのだとか。
a0157619_2122737.jpg

その時を見てみたいものです。
a0157619_21223343.jpg
a0157619_21224362.jpg

こちらに到着前 行く途中にある たまごかけご飯の店「かめっち」でお昼ご飯。
12時より早く着いたのにもう沢山並んでいて 結局30分強待ちました。
以前 何年か前に行った時も同じように待ったので 相変わらず人気店のよ
うです。
お店の方曰く 今日は日曜日にしては少ない とのこと。
ということは普段は一時間待ちくらいなんでしょうね。

定食は300円 卵とご飯はこの金額でお代わり自由です。
お米はこちらで採れたての新米。 おいしさに拍車がかかります。
ご飯をがっつりいただくのでしばらくは全くお腹が減りませんでした。
芸術の秋 食欲の秋。
どちらかというと後者が勝っていますが 今年もあと3カ月。
特に短い秋を楽しもうと思います。
a0157619_2123273.jpg
亀の甲の駅の駅舎。。
[PR]
by yaesakura130 | 2011-10-03 21:16 | おでかけ | Trackback | Comments(0)