日々を楽しく大切に。好きなもの 好きなこと おでかけ。。そんな日常を綴っていきます。


by さくら
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2011年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

幻想庭園

a0157619_23442166.jpga0157619_23443395.jpg













7月の最後の金曜日、今年も始まりました。
後楽園の幻想庭園。
毎週金曜日は 今年も浴衣DAY。
浴衣を着ていくと 後楽園の入園料も無料になり 入口のところで無料で
着つけもしてくれます。
浴衣を抱えて 後楽園へ。
年々浴衣の人は増えていますが この7月から駐車場が有料になったせいか
昔はコンサートなどイベントもあったのにこのところ 大きな目玉イベント
がないせいか ちょっと寂しい感じがしました。
a0157619_2340789.jpg

岡山のマスコットももっち うらっちがゲストでオープニングイベントです。
点灯した瞬間は やっぱりきれい。。という感じ。
でも まだこの日は7月下旬。
日が暮れるのが遅いので もうちょっと遅い時間のほうがきれいだったかも。
これはだんだん日が短くなってゆく 次と次の次の週のお楽しみにしましょう。
a0157619_23404018.jpg

今日の浴衣は 亡き祖母が作ってくれたもの
久しぶりに着てみました。
なんだか今更ながらもったいなくて。
あの頃はもっと華やかな色がある浴衣がきてみたかったのに 今はこういう昔ながらの
柄ゆきに惹かれます。
19の時に作ってもらった浴衣をいまだに着られるのは和服ならでは。
もっともっと年をとっても帯を地味目にして 着てゆこうと思っています。

a0157619_23425311.jpg
a0157619_2343518.jpg

帰りにお友達3人で 後楽園近くのカフェで軽めに晩御飯。
途中から貸切になったこのお部屋。
素敵な雰囲気でした。
米粉の麺いただきました。 あっさり。

お友達の浴衣。。
a0157619_23413827.jpga0157619_23415455.jpg
[PR]
by yaesakura130 | 2011-07-30 23:38 | 着物 | Trackback | Comments(0)

パンダと猫の旅

今年のsouちゃんファミリーとの家族旅行は白浜。
彼女の甥っ子君が6年生ということで なかなか来年からは旅もいけなくな
るかな。。ということでちょっと遠くに。
この家族旅行も今年で何年目になるのでしょう?
電車好きの甥っ子君のリクエストで 白浜に行く前に 和歌山で下車し 
和歌山電鉄にのりかえたま駅長のいる「貴志駅」へ。 
たま電車に乗って。
たま電車 かわいいのですよ。 
a0157619_2344494.jpga0157619_235185.jpga0157619_2351518.jpga0157619_235276.jpg



















岡山の市内電車にもたま電車は走っているのですが こちらのほうが規模が
大きく 座席も猫 本棚もあったりしてかわいらしい。
駅舎も猫の形。 
a0157619_2313760.jpga0157619_23132052.jpg








で、駅長はといいますと なんだかクリアな狭い壁の中のお部屋にいらっし
ゃってず~っと爆睡しておられました。
a0157619_23133894.jpg

ちょっと期待外れ(笑) 
お客様がのぞこうと一切われ関せずとずっと眠っていました。
a0157619_23135727.jpg

和歌山に戻るときの電車は「おもちゃ電車」 こちらも可愛い電車でした。
週末は「いちご電車」も走っているそうです。

a0157619_23143782.jpg

白浜は souちゃんの会社の保養契約のホテルのため かなり素敵なリゾー
トホテルに泊まることができて遠くに海、 空港も見えて ホントリゾート
気分でした。


翌日は私たちが行きたかった 白浜のアドベンチャーワールド。
双子のパンダがみたかったのです。 
パンダのバックヤードツアーは 開園時間に入場したのにもう 定員が
いっぱいで 参加できず。
でも子パンダのミルクを飲むかわいい姿を みることができました。 
a0157619_231576.jpga0157619_23152755.jpg










コロンコロンしててほんとにかわいい。。
パンダ好きにはたまりません。

a0157619_2316568.jpga0157619_23162133.jpga0157619_23163752.jpga0157619_2316535.jpg
a0157619_23175639.jpga0157619_23182876.jpg
a0157619_23204033.jpga0157619_23205574.jpga0157619_23211045.jpg
a0157619_23181415.jpg
a0157619_23302776.jpga0157619_23304018.jpg
a0157619_23173681.jpg



















サファリパークを車で見物したり、 イルカやアシカのショーを見たり 
キリンに餌をやったり、小さな動物たちを間近でみたり 時間が足りない。。
そしてどこを見てもパンダづくし。 

うちの母も「パンダ初めて見たわ」と喜んでおりました(笑)
なかなか子供が一緒の旅でなきゃ 大人だけでは行きづらい場所 みようと
思わない場所、甥っ子君が参加するようになって 旅に幅ができた気がしま
す。
大人だけだった 小豆島 島宿真里、松本 明神館、高知。 
甥っ子君が参加の湯布院 城崎、境港、鞆の浦。
甥っ子くんが参加するようになって 甥っ子君がリクエストのいろんな電車に乗って 
みろくの里の遊園地なんかも行ってみたり。
一緒に行く母たちもそれなりに楽しんでくれてたし。

今年もとても暑かったけれど またひとつ思い出ができました。
[PR]
by yaesakura130 | 2011-07-28 23:34 | 旅のお話 | Trackback | Comments(2)

蓮の花

夏になると このメンバー3人で毎週のように集まります。
何カ月も会わないこともあるのに 鍋のときと 浴衣シーズンになると 
ものすごく頻繁に(笑)
毎年のように 浴衣か帯を新調している私たち。
みんな不定休のため 7月から ざっくりと浴衣スケジュールをきめて 
どこに行く?はあとから。
この日も前日まで何も決めず 直前になりいろいろ調べ 高松城址の蓮が見
ごろとわかり そこからランチの場所もチェック。
お昼は「ドゥエリエ」さんでゆっくりとランチをいただきました。
a0157619_0224567.jpga0157619_0225911.jpga0157619_0232193.jpg


a0157619_024519.jpg
a0157619_0242332.jpg

蓮の花は ちょうど見ごろで 涼しげで凛とした雰囲気がとても好きです。
浴衣を着るとついつい蓮を見に行きたくなります。


a0157619_0244320.jpga0157619_0245992.jpg










Tちゃんの浴衣はいつも個性的。帯どめパンダが今日のポイント。
伶さんもこの日は新しい浴衣。 いいな。。

a0157619_0252563.jpg

私はどうも今年は帯がびしっと決まりません。
どこかが大きすぎたり長すぎたり。 今年は一度も満足に着れません。。


市内中心部に戻り 浴衣のお店を覗いたり 夕方は私が子供のころに何度か
行った日限のお地蔵さんに行きました。
毎月23日のご縁日。
a0157619_0263793.jpg

お寺の境内 もっと大きかった気がするんだけどな。 
そう思ってたら 浴衣の私たちを見て 話しかけてきたおばさまも「何十年
かぶりに来たのよ」とのこと。
偶然です。

浴衣を着ると 近場でも行く場所 行くお店が微妙に洋服との時と違ってきます。
呼ばれるように 浴衣でご縁がある場所に 行くような気がします。


本当はこの日吉備路のひまわりもコースに入ってましたが 通りかかると余
りの暑さにひまわりが頭をたれてぐったり。
この数日前 雨降りのときは元気だったのにな。
a0157619_027927.jpga0157619_0272348.jpg
a0157619_0274653.jpg

雨降りのとき 一緒に行ったyukoさんは ひまわり畑の横のいろんな花が咲いたこの
スペースがかわいいと言っていました。
夏でもなんでもやっぱり緑が恋しい私。

[PR]
by yaesakura130 | 2011-07-24 00:21 | 着物 | Trackback | Comments(4)

オフの日

7月半ば
台風でいろんな予定をキャンセルしたお休みの日。
外はまだ風が強く なんとなく完全にオフモードなので 家で一日過ごしま
した。
ちょっと前に摘んだブルーベリーでジャムでも作ろうと おもむろに買って
おいた黒砂糖でほんの少し煮詰めてできあがり。
ちょっとゆるめなので パンだけでなくヨーグルトでも行けそうな感じ。
a0157619_0174047.jpg

隣は小豆島で買った ジャム。 ちょっぴり日本酒が入っているらしいです。

この日は お友達から借りた「阪急電車」を読みました。
a0157619_0182798.jpg

なんか多分 そういう本じゃないにもかかわらず 涙が出てしまって。
それも私きっと全然そういうつぼじゃないところで。 どうしてだろ?
読んでたら 生まれ変わったら関西弁をしゃべる女の子に生まれたいなと思
ってしまいました。
じんわりと 幸せはいつ舞い降りるかわからないもんね。。と勇気づけられました。

他にも最近 夜な夜なamazonで 中古の本を買ってしまいます。
あまり小説はかわなくて 写真が美しそうなもの 行ってみたい場所などが
載っているのを買ってしまいます。

夕方になると やっぱり人恋しくなって 一人の休みは夕方が最大の課題。
こんな平日のお休みの夕方「遊びにいくよ!」と気楽に訪ねてゆけるお友
達 そういえば最近いないな。。
でもこの日は 前日深夜 お友達のMちゃんから 娘がお勉強合宿でいない
から お互い会社が終わったらご飯行こうとの 突然のお誘い。
いつもグループで集合なのでこうやって彼女と二人っきりで会うのって 彼
女が独身以来だから10年以上ぶり。 
仕事の愚痴から 女同士の秘密のオハナシまで たまにお互い 深夜に煮詰
まると メールで結構ヘヴィーなお話のやりとりはするもののなんだか
久々に彼女とこういう話をしました。
彼女は仕事から何から何まで 完璧主義で 勉強家で 私は足元にも及ばないけ
れど 人に甘えるのが下手なところ 親が厳しかったところ、ホントの本音
や誰かの前で泣いたりできる相手が一人しかいないところ、 仕事には完璧
主義なところ(彼女は他のことも完璧だけど私の場合は仕事のみで他はぐだ
ぐだ(笑)) 生き方はまるで違うけれどちょっとだけ通じるところが
あるのかな。きっと。
翌日も仕事なので 早めにお開きだけれど なんだか懐かしい感じがしました。

完全オフのお休み。 針仕事もしたかった、DVDも見たかった 本ももっと読みたかった。
やっぱり時間が足りない。。
[PR]
by yaesakura130 | 2011-07-20 00:15 | 暮らし 思うこと | Trackback | Comments(0)

夏の収穫

7月初めに 淡路にビワ狩りに行こう!!とお友達とたくらんでいましたが
私に仕事が入り流れてしまい中旬に仕切り直しにしたところ ビワ狩りは
終わってしまっているとか。。
どこに行く? といろいろ調べた結果 一緒に行く予定のお友達のかおちゃ
ん くみちゃんが毎年行っている吉備高原にある白い生で食べられるとうも
ろこし狩りができる宮木牧場さんに行くことになりました。
同じくお友達まみちゃんと4人で 出発です。
私 このトウモロコシ(吉備王、吉備クィーンという名前だそうです)食べ
るの二度目。 
こちらは 販売のみもおこなっているので まずはそちらで少し購入しました。
a0157619_0134462.jpga0157619_0135951.jpga0157619_0141523.jpg





試食でいただきましたが とにかくみずみずしくて甘い!!
そしてトウモロコシ畑へ。
a0157619_014445.jpg

背丈以上もあるトウモロコシ畑での収穫。 
先のほうが柔らかく 実の部分がさわって丸くなっているのが狩りごろだそうです。
a0157619_0151449.jpg

でもたくさんあると意外と「これ!」というのを探すのが難しい。
暑い中 汗だくになりながら数本収穫。 (1本 150円でした) 
おまけもしてもらって トウモロコシ狩り終了。
帰ってお友達や叔母の家におすそ分けに行きました。 
生でも食べられるし生のまま冷凍してアイスクリームのようにしても食べられます。
勿論ゆでても やいてもおいしいそうですが。

お昼はその近くにある 「ギャラリー款」さんで。 
a0157619_0154145.jpga0157619_0165622.jpg

a0157619_026461.jpg


いろんなお野菜たくさんのお膳でした。
このあたりの住宅街に 隠れ家みたいなお店が何軒かありました。
私のリクエストで 帰り道にあるブルーベリー農園で ブルーベリー狩り
同じブルーベリーでもいろいろ種類があるらしく 実のなり方 色 甘さな
ども鉢によっていろいろ。


a0157619_0172883.jpg

a0157619_0174697.jpg

さらに気温が上がり じりじりと焼けつく中 また収穫。
食べながら お持ち帰りのかごに入れていきます。
さすがに暑さに耐えかねて 早々に収穫終了。

「ジェラート食べたいね」ということで また寄り道して 安富牧場へ。
暑い日だったので 行列ができてました。 岡山じゃ有名ですもんね。
足守メロンのジェラートにしました。 
a0157619_0194160.jpg
a0157619_020172.jpg

お店の中にはしぼりたて牛乳が「ご自由にお飲みください」とコップととも
に置かれていました。
牛乳 あまり好きじゃないんですけど ちょっと飲んでみましたがなかなか
おいしい。。

夜は同じメンバープラス 高校時代の同級生 そらちゃんで そらちゃんと
まみちゃんのお誕生日会。

駅の近くの かおちゃんのお友達のお店にて。
このお店 お誕生日のお祝いをしてくれるらしく 食事中に次々とお店のア
ナウンスが入り「○○さんのお誕生日です。」みたいに テーブルに名前
入りのケーキとローソクが運ばれてきて 店内の人たちみんなでクラッカー
を鳴らしてお祝いします。
なんかとっても若いノリに若干気後れしながら(笑) 
全テーブルでお祝いがあったような。。一体何人のお誕生日をお祝いしたん
だろと楽しい気持ちになりつつ、久しぶりにちょっぴり飲みました。
a0157619_0204457.jpga0157619_021198.jpg





ホントよく遊んだ一日。
久しぶりに みんなと同じ休日祝日の連休。
翌日お休みって幸せ。
やっぱり人並みのお休みに戻りたいかなとかなり真剣に思ってしまった。

遊びすぎて(食べ過ぎて?)帰ってお腹が痛くなった私。
ほどほどにしなきゃ。。ですね。
[PR]
by yaesakura130 | 2011-07-19 00:11 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

島の夏休み

a0157619_2352355.jpga0157619_2352558.jpga0157619_2353929.jpg






四国ご在住のお友達のmiyakoさんと 小豆島で待ち合わせ。
小豆島まで片道70分 一人で船旅は初めてなのでちょっとドキドキ(笑)
miyakoさんは 去年まで7年お勤めしていた会社の同じ系列で やめるまで
は電話で声のみのお付き合いでした。
やめてから初めて実際に会いご挨拶をし「いつか一緒に遊びに行きましょ
う!!」と約束していてやっと実現。
お互いが旅気分が味わえる 小豆島に行くことにしました。
港の到着ロビーで待ち合わせ レンタカーを借りて 繰り出します。
ざっくりとしか予定を決めず 目に付いた道の駅や 港でもらったパンフレ
ットの写真にややだまされた感のある(笑)小豆島オリーブ公園。
a0157619_2354413.jpga0157619_23545269.jpg












なぜかナビが付いているのにもかかわらず迷う私たち。
でもまたその緩い旅が心地よいのです。
お昼は私が行ってみたい!と強く希望した森国酒造さんのカフェへ。
やっぱり思った通りオシャレでした。 
a0157619_23555496.jpga0157619_23561027.jpga0157619_23562784.jpg
a0157619_2357182.jpga0157619_2357152.jpga0157619_23573351.jpg











大きな道より一本入った石垣沿いの路地はなんだか沖縄の風景みたい。
まかないご飯のメニュー(粕汁)をいただき お土産にお酒とジャムを
買って。
お店のディズプレイもとっても素敵。 また来たいな。
小豆島はお醤油が有名のようでその近くのマルキン醤油記念館に寄ってみた
り さらに先にある 観光地二十四の瞳映画村にも寄ってみました。
a0157619_23592399.jpga0157619_23594147.jpga0157619_23595955.jpga0157619_001351.jpg




















なんだかレトロなお土産屋さん レトロな小学校の建物。
そこでかわいい先生に会いました。
多分2歳か3歳くらいの女の子。

教壇に立って 先生のまねをしていて ちょうど行き合わせた私たちは
そのおちびさんから 生徒役に抜擢されました。
「しゃぁここに座って えんぴつもってくだしゃい」と まだ回らない口で
私たちに呼びかけます。 
彼女のおばあちゃんに「あらあなたまだおしっこも言えないのに先生な
の?」と冷やかされていました。
ノリノリの「先生」AKBの「アイラブユー♪」をなぜか「AKB~♪」の歌詞に
変えお尻ふりふりのダンスも披露してくれました。
かわいらしい。。

a0157619_005372.jpga0157619_011368.jpg








最後に寄ったのがエンジェルロード 日に二回 潮が引くと 道ができ
てその先の島々まで歩いていけるのです。
ここをカップルで手をつないで渡ると幸せになれるとか。
ハートの絵馬がたくさんぶらさがってました。
女同士で来ちゃいました(笑)
平日なので人もたいしておらず 途中まで行ってみました。
a0157619_013857.jpg

途中から一瞬だけ砂浜が登場したりして なんだかやっぱり風景は夏。
またしても 沖縄みたいだ~ もう沖縄に来たことにしとこう!!というこ
とで 沖縄だったかもしれません ここは!!(笑)
その先にある島 よくよく聞いてみると 私が大学に入ってすぐ学校の研修
旅行で行ったYMCAの施設のある島だったようでこのエンジェルロードは
今は観光地になってますがその当時からきっとあったに違いない。。。

夏旅という言葉がぴったりの一日。 
青い空と海は旅気分をさらに盛り上げてくれます。
今度は尾道にする?それとも淡路?なんて話しながら再会の約束をしてお別
れ。
またきっと会いましょうね。

a0157619_0237.jpg

今回は山道がかなり細いと聞いていけなかったのですが 夏至観音という場
所があるらしく小豆島霊場1番札所洞雲山で、夏至を挟んで約50日間、
晴れた日に数分間だけ拝める光の観音像が「夏至観音」
夏至観音は、南西からの陽光が境内の洞穴へ差し込むと、岩の壁などに当た
って光と影のコントラストで観音像のような形に見える現象だそうです。
来年はこれを見に来てみようかな。。

[PR]
by yaesakura130 | 2011-07-14 23:49 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

オトナの浴衣の楽しみ方

どうも今年の夏は 休みがぎりぎりまではっきりしそうにありません。
確実に休めるとわかった 7月の土曜日 着物グータン開催です。
ドレスコードは着物ではなく浴衣。
行き先は ちょっと贅沢に児島にある仙太鮨さんへ。
こちらのカウンター席は 海が目の前に見渡せます。
久しぶりに 回らないお寿司をいただきました。
a0157619_23414633.jpg

a0157619_2342745.jpg

大将が目の前で それぞれの好みを聞きながら握ってくれるお寿司。
いろんなこだわり、いろんなお話を聞くこともでき また晴れ女の私にとっ
ては当たり前のものすごい晴天で目の前の海はびっくりするほど青くて美し
くて 幸せな時間でした。

そのあとは児島ジーンズストリート散策。 
a0157619_23423044.jpga0157619_23424171.jpg













また今回のテーマのアンティークをめぐるという趣旨に沿ったもの。
児島ジーンズストリートではデニムの着物を見せていただき 藍色の美しさ
を改めて認識。
実は紺や藍色はあまり似合わないので得意な色ではなかったのですが 
こんないろんな種類があるとは驚きました。
青に近い紺は結構好みの色でした。
a0157619_2343215.jpg

ここのイメージキャラクター?Gパンダ。
もちろん顔だしで写真を撮ったのはいうまでもありません。

a0157619_23431985.jpga0157619_23432818.jpg













他にも立ち寄ったアンティークショップはディスプレイの可愛さにちょっと
楽しくなったり 最後に入った久しぶりの「珈琲蔵」さんは 相変わらずの
雰囲気で本がたくさんで ハーフサイズという嬉しいサイズのケーキをいただきながら
(いつも甘いものはちょっとだけ食べたい私のニーズにぴったり) 
以前ここに来た時のことを思い出したりして。
オトナの浴衣の楽しみ方は 古き良きものと こだわりのお店をめぐる一日でした。

今日の浴衣はこれ。
a0157619_23435175.jpg


季緒ちゃんとたまきちゃんは相変わらず絵になります。
a0157619_2344675.jpg

そして今日も空が驚くほど青い。。。
a0157619_23441746.jpg

[PR]
by yaesakura130 | 2011-07-10 23:38 | 着物 | Trackback | Comments(0)

袋もん

冬にお誕生日が終わった後も なんだかよくいただきものをします。
それも どうやら私の好みはとてもわかりやすいらしく ものすごく
「ツボ」なものをいただきます。
a0157619_23294520.jpga0157619_2330057.jpga0157619_23301028.jpg






今年はなぜだか袋もんをいただくことが多く これっていくつあっても
新しいものをいただくとわくわくしてしまいます。
あと お誕生日のプレゼントに加えておだむらちゃんから手作りの私が好き
なマトリョーシカの手作りハンコをいただきました。
これがまためっぽうかわいい。
a0157619_2331692.jpg

みんなラッピングもかわいくしてくれていてそれも嬉しい。
贈り物 ちょっとしたものをさりげなく贈れるそんな人になりたいなと思います。
布ものでもお菓子でも手作りができればなおいいんですが それはかなり無
理なので(笑)。
最近は名の知れたブランドの高いものより一点物のハンドメイドや丈夫な
長持ちするものに心ひかれます。
長持ちするいろんなお道具も人生折り返しにやってきてこれからちょっと
ずつ揃えていくのもそろそろいい年頃なのかなと思ったり。

おだむらちゃんが前回帰省した時に行った カフェZ。
a0157619_23315018.jpga0157619_2332561.jpg










こちらのお店のランチ 野菜がたくさんでおしゃれで好きです。
そしてお隣の雑貨屋さんも好きです。
また夏休みに彼女が帰省したら雑貨屋巡りをしなきゃね。
そういいつつ お互いの予定を見るため出した手帳が偶然にもまったく
同じもの、店頭に並ぶ数ある手帳から同じものを選ぶなんて すごい!!
a0157619_23322338.jpg

私このシリーズの手帳5年目なんですよ(笑)
しばらくして別のお友達のryuちゃんとも偶然色違いの傘を持っていて 
笑ってしまった。。
さすがお友達。。ですね。
[PR]
by yaesakura130 | 2011-07-08 23:25 | 暮らし 思うこと | Trackback | Comments(0)

豆腐物語

高校時代の同級生yumikoと久しぶりにランチです。
彼女がお嫁に行って それまでは毎月 毎週のようにお出かけしていたのに
ここ数年 年に一度のペースでしか彼女と会わなくなってついに去年は会え
ずじまい。
今年も会おうといいつつ6月の終わり。
やっと会えました。
彼女のリクエストで 倉敷の連島にある 「純豆腐物語」というスンドゥブ
チゲのお店へ。
a0157619_23534713.jpg
a0157619_2354065.jpg


実は私倉敷の美観地区周辺以外はものすごく疎くて、連れて行ってもらいま
した。
お客様は主婦の方中心ですが スンドゥブチゲということで 男性もちらほら。
暑くなり始めたころの辛いものはたまりません!!

彼女とは20代 海外旅行に行きまくっていたころ(笑)多分その旅の3分
の2は彼女と もう一人の友人kaoちゃんと一緒でした。
帰りの飛行機の中で「次はどこに行く?」と次の計画を練っていた私たち。
懐かしい思い出です。
あの頃って 私たちだけでなく 世の中も裕福で幸せな時代だったのだと思
います。
治安もよかったし 今じゃ信じられませんが ハワイからの帰りの飛行機の
中で CAさんに声をかけられまさに飛んでいるその操縦席に案内してもら
ったことも。(多分おのぼりさん丸出しだったんでしょうね)
会社の女の子たちも 夏休みになるとそれぞれが 違う国 違う街に 
みんなこぞって それこそひょいと近くに行くように旅に出ていました。
一度みんなで それぞれの旅先から 絵葉書を出そう!と約束して 旅から
帰ってみるとオーストラリア グアム 沖縄 信州 いろんな町からの絵葉
書が届いていて なんだかさらに楽しくなったこと。。
いい時代でした。
今は二人の小学生の母であるyumikoは 「あの頃たくさん旅に出てよかった
なぁって思うのよ」と私と同じことを思っていました。
私も同感。 今は海外にはあまり興味がなくなりました。
日本の素敵な街をのんびり回ってみたいなと思うようになりました。
でもあの頃 まさにモノより思い出を共有できたこと いろんな異国のもの
を五感で感じられたこと、 これは一生ものだと思うのです。
今の私より まだまだ感受性と好奇心がいっぱいで 体力もあったあの頃の
私、あの時 あんなに外に飛び出したことは やっぱりよかったのだと。
まさか国全体がこんな時代がやってくるなんて思わなかったですしね。
そんな思い出話を彼女のおうちにお邪魔して話していたら 子供たちが汗だ
くで学校から帰ってきて 一気に今にもどりました。
1年半ぶりの子供たちは おしゃまなmiuちゃんは なんだか大人びて
お姉さんっぽく 弟のayumunは癒し系キャラはそのままで、でもやっぱり
お兄ちゃんになっていました。
また 遊びに来るからね 今度は一年もたたないうちにね。

その数日後 倉敷に疎い私。 kenママさんにさそってもらって 倉敷
天満屋の中にあるイタリアンのお店へ。
a0157619_23542759.jpg
a0157619_23544230.jpg


蜂蜜をかけていただくピザ、デザート系のピザ どちらも新鮮な味。おいしかったです。
倉敷の美観地区以外ももっと勉強しなければ。。。
[PR]
by yaesakura130 | 2011-07-06 23:51 | おいしいもの | Trackback | Comments(2)

ファームステイ

a0157619_014583.jpga0157619_0141793.jpga0157619_0143164.jpg





私の母方の祖父母は岡山市の中心部 うちより町に住んでました。
父方の祖父は 田舎に住んでいて 畑はしてましたが なくなってからはそ
の畑も道路になってしまい 土いじり 収穫をする機会はすっかりなくなり
ました。
果物狩りは好きで行くのですが あくまでも観光。。
未だに 私のお出かけのバイブルになってるSAVVYと言う雑誌で 
ファームステイの特集がありました。
しまなみの島や小豆島でのファームステイ。
とても魅力的でした。
友人のyuukoさんと、もう10年近く前の5月半ばに行きました。
初日は 小豆島観光と、このファームを散策です。 初夏には蛍が舞うと
いうこのあたり。
畑にはこの時期 アスパラなどがありました。
a0157619_0151680.jpg

ヤギを飼っていらして ちょうどこのとき生まれたばかり。
名付け親になって。。。といわれたので 当時岡山が舞台となった大河ドラ
マ「武蔵」をそのまま頂いて ムサシと名づけました。
木苺などがなっていて ファームのお母さん「ここにあるのは何でも摘んで食べていい
からね」とのこと。
お母さんは晩ご飯の材料を収穫してくれてました。
晩ご飯は お母さんの手作り。 自家製味噌がおいしかったです。
ファームのお父さんと色々おしゃべりをし ここにはテレビがおかれてない
ので早々に就寝。
翌朝 今回のファームステイのお手伝い項目は田植え。
(季節によってお手伝いの内容は違います。 時期によってはヤギのミルク
でチーズつくりっていうのもあるらしいです)
機械が入らないところを手で植えていくのです。
初体験。。 最初は長靴を履いてましたが 泥に足をとられて危ない。
途中からはだしで泥の中に。
泥の温かさとやわらかさが 病み付きになりそう。。 気持ちいいのです。
a0157619_0155627.jpga0157619_0165135.jpg







なんだか土から元気をいただいたような そんな気になりました。
帰りは お2人から 今なってるアスパラなどの農作物 カモミールの苗な
どをたくさん頂きました。
そしてこの旅には後日談があり 秋の収穫時 ファームのお父さんからお米が送られて
きました。
「あなたたちが 田植えを手伝ってくれた稲が実を付けました 食べてみて
ください」と。
そのお心遣いが嬉しかったです。
そしてまたしばらくして テレビでここがとりあげられていて 私たちが名
づけたムサシがお父さんになって小次郎という息子が生まれていました。

忙しくしている中で いつかこんなスローライフを。。という憧れはずっと
あったのですが 仕事と遊びとスローライフは一緒にはなかなか難しい。。
でも去年からコンテナで夏野菜をほんの少し母と作っています。
今年は節電モードのせいかゴーヤの苗が早くから売り切れてしまっていて
結局きゅうりとトマトを植えました。
去年のコンテナには勝手に他から雑草のように生えているしそが幅をきか
せ、しそコンテナができあがってました。
あっという間に大きくなって今ちょうど食べごろです。。
a0157619_0173333.jpga0157619_0174213.jpga0157619_0212547.jpg






a0157619_0193819.jpg
そして近々久しぶりに小豆島に行くことになりました。
さぁどこに行こうかな。
孔雀園はどうやらなくなったらしい。。

[PR]
by yaesakura130 | 2011-07-01 00:12 | 旅の思い出 | Trackback | Comments(4)