日々を楽しく大切に。好きなもの 好きなこと おでかけ。。そんな日常を綴っていきます。


by さくら
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2010年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

大みそかの行事

大荒れの予報だった大みそか。
正直高知からの帰りのJRが雪や風で止まるんじゃないか?
無事帰りつけるかと不安でした。
でも予想外の晴天。
a0157619_22242627.jpga0157619_2224393.jpg










大歩危あたりの青空と雪景色がとても美しく ちょっと得した気分です。

お昼すぎに岡山着でここ数年恒例の 高校時代の同級生kaoちゃん 
soraちゃんと 女三人大みそかの儀式
おそばを食べて 足つぼ行って解散。
なかなかお休みが合わないので 誰かの誕生日と大晦日しか集まれませんが
大みそかはこの二人が一緒じゃないと終われないワタシなのでした。。
a0157619_22255296.jpg









来年は今年よりいい年になりますように。
[PR]
by yaesakura130 | 2010-12-31 20:16 | 暮らし 思うこと | Trackback | Comments(0)

雪のウェディング

a0157619_1492389.jpga0157619_1494580.jpg








ブログで仲良くしていただいているキキさんの結婚式に出席するため高知へ。
キキさんとはブログを通して知り合いました。
それ以来日記のやりとりを経て 高知に行ったときに初めてお会いしました。
この4年 高知には何度か訪れた私。
そのたびに会いに来てくださった(私がお呼び立てしたんですけど(笑))
キキさんとご主人(ジジさん)
実はキキさんもジジさんも私のブログ友達でした。
当初 キキさんの日記に出てくる付き合い始めた「彼」がジジさんだとは
気がつかなかった私。
でもある日突然「!」ときました。
お付き合いが始まって今日に至る4年間 ジジさんやお子さんやご両親に
対するいろんな思い いろんな事件をキキさんの日記で拝見していた 私。
キキさん自身も 「私たちはブログを通じて出会ったし 地元のお友達より
私たちの いきさつやつや思いをよく知っていらっしゃる皆さんをぜひお招きしたい、
今日を迎えることができたのは、皆さんがいたからと感謝しています。」
とのお気持ち。
出席させていただくことにしました。 
私の相談事にもいろいろのってくださる高知のお姉さん的存在のキキさん。
やっとこの日を迎えられたのだと 私のほうが感無量な感じでした。
4人のお子さんとともにウェディングドレスで入場されてきたキキさんの姿
に 私のほうがジーンときてしまいました。

人前結婚式の後の披露宴。
途中お色の直しの後ジジさんのマイケルのダンスのご披露やそのあとの
お二人のダンス。
当初日記で「当日ジジはマイケルに私はマドンナになります」というのは
冗談かと思ってましたがホントにマイケルとマドンナでした(笑)
ブログで知り合ったお二人ですが 後で共通の友人がいたことが発覚したそう
で やっぱり縁ってあるんですね。。
本当に楽しいし気でなによりずっとずっと笑顔のキキさんの姿に 
私も幸せな気持ちになりました。
お二人にとってもとっても気を使っていただいて 私お祝いに来たのに 
おもてなしをされて甘えてばかりでした。すみません。。
(コーヒーサービスのときに コーヒーダメな私のためにちゃんと紅茶が
サービスされるようにそんな細部まで気を使ってくださったこと、
ホントに数回しか会ってないのにそこまで覚えていてくださって感動しま
した。)

引き出物の中にあったお二人が作られている手作りパンキキのカンパーニュ
もとてもおいしかったです。
a0157619_152158.jpg







今年は私自身 いろんなことがあって決していい年とは言えなかったけれど
一年の結びにこんな素敵な式にご招待いただいて やっぱり悪い年では
なかったなと思えてきました。
キキさんとジジさんの縁 また私とお二人との縁 他にもここから続く縁が
あって 運命はやっぱりあるんだなと思いました。
また幸せの形 やってくる時期はひとそれぞれ。。そんな風にも改めて思いました。
どうか末長くお幸せに。。。
ご招待いただいてありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

幸せな気分で2011年を迎えられます。
[PR]
by yaesakura130 | 2010-12-30 23:41 | 暮らし 思うこと | Trackback | Comments(0)

水玉リボンにお別れ

a0157619_0542782.jpg

ついに最終日を迎えました。
9月末に7年間勤めた会社が岡山から撤退。
同じフロアの工場の技術部 部長付。。という辞令をもらって
3か月 無事契約期間満了となりました。
工場勤務は 前にも書いたとおり ずっとアウェイな感じで
この私が何となくなじみきれなくて もちろん7年も同じフロアにいるから
仲良くしてくれる子たちもたくさん いるのに どうして 朝こんなに
出勤が憂鬱なんだろ?って思ってました。
それも最後。
いつの間にやら9月末まで勤めた親会社にいたころが遠い昔みたいで
でも漠然と「あぁこの事務所に来るのももう最後なんだな」と思って
いろんなこと いろんな人との出会いを思い出すものの 9月末に
めちゃくちゃ感傷的になってたので 今回はサバサバ。
来月からの仕事もまだ今一つはっきりしないけれど  なるようになるさ。。
と開き直り。
身の回りの荷物を整理して ほんとに近しい人にメールで最後のごあいさつ。
午後からは寒い中、外で 1時間 避難訓練と防災講習。
最後の最後までつらいな(笑)
納会のあと 席に戻って解散。
周りの方にご挨拶でも。。と思っていたら 前の席に座っている
うちの部で一番若手のO君の「みなさん さくらさんが今日が最後です」
という声でうちの部だけでなくみんながまるで朝礼のように集まり 
何と花束と送別の贈り物までいただいてしまいました。
a0157619_0553836.jpg









正直予想もしていなかったのでびっくり。
たった3カ月しかいなくて 私みんなから見えてるんだろうか?とすら
思ってたこともあるのに。
ずっと送る立場だったのが初めて見送られてちょっと照れ臭かったし
いつもサプライズは仕掛ける側なので 仕掛けられてどうして
よいのやら。。。
みんな 話したこともない方までもが、かわるがわるあたたかい言葉を
かけてくださって。
あぁ もっと自分から話しかけていたら もっと仲良くなれていたのかも。
ここでの3か月は ゆっくりと親会社での時間をリセットして 終わった
ことを受け入れ また新しく始めることを思い出す大切な時間だった
気がします。

親しくしてくれてた 子たちは「また戻って来てよ お帰り会するからね」
とお別れではない感じ。
私もお別れと言う気が今回はしないのが不思議。
東京の先輩方や私の後任の方も「また連絡くださいね」とアドレスを
教えてくださって これからも仲良くできそうな予感。
ずっと張りつめていた気持ちがやっとほぐれてきた感じ。
ちょっとゆっくりしてもいいかな。。また充電して来年は1からのスタート
です。
a0157619_0561881.jpga0157619_0563831.jpg







330円の食堂の定食もお別れ。
ずっと正社員時代から着てた 水玉リボンの制服とも本当に
お別れです。
私が入った当初からいろいろ親切にしてくださった東京のRikaさんからは
手作りのケーキが最終日に届きました。
a0157619_0571338.jpg










ここでいろんな素敵な方に会えて たくさんの思い出をいただきました。。


a0157619_0573234.jpg
寒さの中でのラジオ体操は憂鬱の種でした。
でもこの時期の岡山は毎朝空が真っ青に澄み渡っていて 
これをみあげる 瞬間は 期間限定ならラジオ体操もありかな。。
と一瞬思うのでした。

[PR]
by yaesakura130 | 2010-12-28 00:50 | 暮らし 思うこと | Trackback | Comments(0)

クリスマスの贈り物

クリスマス。今年も小さなツリーを出してみました。
a0157619_0464533.jpg



のんびりしてたので12月に入ってから。。 特にクリスマス会などすること
もなく 私の目にしか触れなくてツリーさんごめんなさいね。。って感じです。
今年はお友達へのプレゼントはどうも ミシンの前に座る気にもならず 
ものづくりをする気力も起こらず結局は近しい人にmanis*manisの焼き菓子
や 雑貨屋で見つけた箱ティッシュのニットのカバーや以前かわいいと
評判だったsonny Angelのお人形などにしました。
a0157619_0424529.jpga0157619_0445876.jpg









あ、でも一年間ご一緒した写真を焼いたCDは一気に作りました。 
あとホームベーカリーで焼き立てパンのお届もしました!!
唯一ここだけはがんばりドコロ
a0157619_043112.jpga0157619_0432389.jpg










そうしていたらお友達から大好きな紅茶セットが届いたり 別のお友達から
は寒がりの私のためにかわいい靴下とネックウォーマーが届いたり。
今年は本当にいろんな人にいろんなものをプレゼントしていただく年でした。
思ってくれる気持ちもちゃんと受け取ることができて心から感謝です。
あっという間に過ぎてゆく12月。
やっぱり少し気持ちが持ち直してきたのかもしれません。
[PR]
by yaesakura130 | 2010-12-26 00:38 | 暮らし 思うこと | Trackback | Comments(0)

犬島へ

a0157619_019369.jpga0157619_0192613.jpga0157619_0194185.jpg
a0157619_0264222.jpg




















大阪からお仕事でご一緒したmomowoさんとmasumiさんが遊びに
来てくださいました。
さて どこにご案内しようか。
前回は直島と吉田牧場。
今回は犬島をご案内することにしました。
豊島の時とは違い晴天。 
瀬戸内国際芸術祭が終わってもこの島はほとんどの作品は残されたまま。
犬島は意外にも岡山市内にある島で 宝伝港から船で5分程度。 
近いのです。
アートプロジェクト 精錬所は見ごたえ感じごたえあり。
a0157619_0292711.jpga0157619_0274132.jpg









うまく説明できないのでぜひ体験をしていただきたい(笑)
作品は犬島特有のものプラス三島由紀夫邸の部材も使われているそうで 
それがこの島に?という意外性と現代と古いものが合わされた意外性も満載。
a0157619_0242351.jpga0157619_0244336.jpg













環境にやさしい説明つきトイレもまたアート作品でした。
お二人にも喜んでいただけました。
a0157619_0202666.jpga0157619_0205143.jpg










前回にはなかった「家プロジェクト」の作品も島に点在しているので 
島を歩きながら作品を探し当てるのもまた楽しい。
すれ違う島の方(皆さんご高齢でした)が気さくにあいさつをしてくださるのも
嬉しいです。
a0157619_023881.jpg
ちょうどこの日はベネッセの会長さんがヘリでお見えだったらしく 
近くに行くと ヘリに「しまじろう」が。。。
思わず撮影(笑)

a0157619_0253350.jpg









お昼は美術館の中のカフェでたこめし。



a0157619_0355831.jpg









12月とは思えないポカポカ小春日和のこの日。
お散歩がてらの島めぐりはとても楽しい。
そして 作品だけでなく 海と空をみているだけでも飽きない
風景。
穏やかな冬の一日でした。
[PR]
by yaesakura130 | 2010-12-20 00:13 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

大人の女子会

a0157619_074737.jpg

12月は女子会二つ。
一つはホントに系列会社の仲よしさん6人で。
女子。。。といいつつみんなアラフォー 一名アラフィフ
立派なおばはんですけど。。
話す内容は アラフィフ姉さんの 毎度毎度のお酒を飲んだ武勇伝。
いまだ記憶が飛ぶまで飲むのはいかがなものかと思いますが。。。
でも笑えるエピソード満載。
会社の愚痴もおもしろおかしく。
会話はおばはんというよりオッサンかも。。。
逆にその話の中で出てくる男性陣「○○くんっていうことおばはんみたい
よなぁ」とかどうやら年をとると男はおばはんに女はおっさんになるらしい
(とある人のお言葉に納得。)
いっぱい笑っていっぱい愚痴って そこそこ飲んで食べて すっきり。

もう一つは今働いている会社の販売会社さんが 工場内勤務の女子をご招待して
くださってオープンハウス見学の後女子会。
同じ事務所で働いていてもあまり話したことのない方も何人かいてちょっと緊張。

オープンハウスは展示場よりずっとコンパクトで生活感がちゃんとあって
カタログや図面でしか見たことのない仕様や設備を体感できて 勉強になり
ました。
最近の家って廊下も部屋も本当に温度差も段差もなくてよくできてるなぁと
古い家に住んでる私 うらやましくなりました。
また家を売る 建てるって仕事って 大変だけどいい仕事だなとも思いました。
最近 図面のお手伝いもさせてもらってたので 漠然と あぁ私の携わった
建物が建つんだなとリアルに思ったところだったので 余計そう思ってしま
ったのかも。
総務や営業事務をやってる頃にはそういう感覚はなかったので いいタイミ
ングでのオープンハウスの見学でした。

女子会のほうは無難に終わり(笑) 
クリスマスシーズンのイタリアンのお店のかわいいしつらえにちょっと
うきうきしてみたりして。

a0157619_05140.jpg


帰りにかわいいお土産までいただいて
呼んでいただいてありがとうござ
いました。

[PR]
by yaesakura130 | 2010-12-18 00:00 | 暮らし 思うこと | Trackback | Comments(0)

和婚

a0157619_23121021.jpga0157619_23122834.jpg










神社で 同じフロアで一年くらいいつも会社で
ランチをご一緒していた Iさんが結婚式を挙げました。
7月にお見合いをしてお盆には結婚が決まり12月に挙式と言う
電撃婚。
埼玉にお嫁に行くという彼女。
私の周りにも何人か電撃婚の友人がいますがみんな10年経っても
仲良し夫婦。
運命というものはあるんだなぁと。。。つくづく思います。

この日は晴天。
白むく姿はとてもきれいで やっぱり和婚はいいなぁと思いました。
後楽園にて 前撮りを行ったというお二人。
きっと日本庭園に着物姿は映えたことでしょう。。。。
ご主人になられる方もとても素敵な方で お似合いでした。
お幸せに。。。

その日の夕方友人と 「油亀」さんで開催中の「お菓子のためのうつわ展」
に行きました。
お目当てはそのお菓子のためのうつわで出されるその期間限定のカフェ
メニュー「完熟リンゴのベイクドケーキ」
a0157619_2313125.jpg
思ったより大きくてひるみましたが 
とってもおいしかったです。
お店の雰囲気も やっぱり何度来ても好きだなぁ。









a0157619_23134592.jpga0157619_23142279.jpg






a0157619_23144785.jpg





別のお友達とも言っていたのですがここのイベントの案内の
はがきは いつも心そそられて 行きたくなる素敵なセンス。
このお菓子のためのうつわ展も まんまとそのご案内にハマった私。
幸せな冬の日曜日を過ごすことができたのでした。

[PR]
by yaesakura130 | 2010-12-13 23:10 | 暮らし 思うこと | Trackback | Comments(0)
せとうち国際芸術祭開催中にいけなかった豊島へ
お友達のryuちゃんと行ってきました。
芸術祭が終わってもまだ残っている作品が多いとのこと。
ただお天気は雨。
宇野港から船で一時間。
島内の移動手段はシャトルバスと自転車。雨なのでこの日はバスのみ。
小さなマイクロバスに恐ろしいくらいぎゅうぎゅう詰めで10月にオープンしたばかり
の豊島美術館へ。
コンクリートの水滴をイメージしたシェル構造の広い空間に 足元に水滴。。
う~んうまく言えません。 でも独特の空間と雨ゆえに神秘的な雰囲気でした。
コンクリートのグレーと曇天の空 冬そのものの風景でした。
ただこの作品一つでちょっと入館料は他の島の美術館に比べて高い気が。。。
美術館内は撮影不可でしたが 隣にあるミュージアムショップ兼カフェは撮影可能。a0157619_23435290.jpga0157619_2344111.jpg
a0157619_23445451.jpga0157619_2345817.jpg




















美術館内もこんな雰囲気に近い感じでした。
お昼に塩むすび。これもちょっと高いかな。。(苦笑)



a0157619_2345224.jpga0157619_23453558.jpg
ここで写真が趣味の見知らぬおじさまに指南を受けカメラを構えるryuちゃんです。










美術館の周りの海に向かった棚田の風景もまたよかったです。
a0157619_23484472.jpg











雨が強くなったので いくつか作品をあきらめ 港に近い作品に。
でもここ一番行ってみたかったところです。
トビアス・レーベルガーの「あなたが愛するものは、あなたを泣かせもする」という作品。

a0157619_23493193.jpga0157619_23494991.jpg













a0157619_235276.jpga0157619_2357098.jpg













空き家を改装したレストランなのですが 落ち着かない迷彩柄。
テーブルなどは第一次世界大戦時の船に用いられた迷彩柄だそうで。
外観とは想像もつかない摩訶不思議な空間でお茶して帰ってきました。
そのあとは 101歳の沈黙/101歳の手という作品。
106歳で亡くなった小林ハルさんは生前は最後の瞽女(ごぜ 盲目の女性旅芸人)として
知られた方でその晩年の姿を鉛筆でデッサンした作品が古民家に展示してありました。
子供のころから盲目で 母親は一人で生きてゆかせるために彼女を厳しく育て 
旅芸人のところに弟子入りさせ そんな生い立ちの説明もあり その生きてきた道も
また胸に迫るものがありました。

この島はまだまだこれから素敵に変わっていくのだろうなと 直島ができて間もないころを
思いだしました。
もっと季節とお天気いがいいときにまた訪れてみたいものです。
[PR]
by yaesakura130 | 2010-12-11 23:21 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

光の回廊

久しぶりの神戸。
先日大阪を案内してくれたtonoさんと今回は神戸で合流。
昔は月に一度は来ていた神戸だったのに 多分3年以上ぶりくらい。
お昼は 中華街へ。
平日だというのに結構人も多く でもやっぱり見ていて楽しい中華街。
入口にあったパンダの自動販売機。 めちゃくちゃかわいい。。
a0157619_2312515.jpga0157619_2315041.jpg











私の好きな旧居留地。
a0157619_2323689.jpga0157619_2325827.jpg









昔々 デジカメなんてなかったころ モノクロのフィルムを入れたカメラを
持ってお友達とぶらぶらした思い出。
今はデジカメ一つでいろんな写真が撮れるのが不思議な感じです。

一度行ってみたかった 神戸市役所の展望台。
a0157619_2333586.jpg









ほんとに町が見渡せて 真下にはルミナリエのメイン会場。
行きたいなと毎年思っていましたが、開催期間が短い上 以前日曜に
行ったときにあまりの人に ちょっと怖くなってしまい 途中から列を
離れた思い出が。。
今日は平日。
点灯時間までぶらぶらして時間をつぶすことになりました。
そしてメインの会場の公園でその時を待ちました。
点灯。。 ものすごくきれいでした。
a0157619_235929.jpga0157619_2341343.jpga0157619_2342710.jpga0157619_2344332.jpg



















じんわりと感動しました。
予報では寒くなるとのことでしたが なんだかみんな見に来ている人が笑顔で
優しい気持ちになって 人もそれほど多くないし ゆっくりと心ゆく
まで光の中心で観賞するできました。
いろんな意味合いがあるこのルミナリエ。
来年もあるといいな。。そう思って鐘を鳴らしてきました。
この日きっとtonoさんはもっと早く帰る予定だったようで 付き合ってくれた
事にも感謝。
私が「今年一番感動したかも~」というとあきれながら笑ってました。
だって今年はいろいろあったもん。。。
12月に入ってゆっくりとゆっくりと ほんの少しずつ いろんなことが
動き始めた気がします。
今の会社にいるのもあと少し。
本当にこの事務所とお別れする日がやってきます。


ルミナリエの点灯を待つ間 tonoさんが昔行ったという餃子のお店「赤萬」へ。
まだ日の落ちる前から 餃子と一緒にビールを(笑)
a0157619_236168.jpg




私たちだけかと思ったら 後ろの席の私より随分若い
お嬢さん3人組も 同じでした。
この日は24547歩歩いていたので 許されるでしょう。。。
翌日腰にきたのは言うまでもありません。。
[PR]
by yaesakura130 | 2010-12-07 22:49 | おでかけ | Trackback | Comments(0)