日々を楽しく大切に。好きなもの 好きなこと おでかけ。。そんな日常を綴っていきます。


by さくら
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

菜の花としゃこ丼

a0157619_22195953.jpga0157619_22135661.jpga0157619_22142855.jpg









tonoさんと笠岡に菜の花を見に。。
今年は寒さのせいか例年より菜の花祭りが遅くて 25日だったので
GWになったあともまだ咲いていました。。
お祭りの日は大渋滞なのに29日はほとんど人もいなくて
菜の花畑をかなり独り占め状態。。

お天気もまずまずだし。
帰りにすぐそばのシャコ丼のお店へ。
a0157619_22151167.jpg







ここも1時少し回ってたせいで お客様も他に3組位。
tonoさんはシャコ丼定食(丼にシャコの酢のもの てんぷら付でした)
私は単品で。

a0157619_22154094.jpga0157619_22155385.jpg









この時期のシャコは子持ちなのでおいしいのです。
シャコ丼初体験のtonoさんも満足だったご様子。 よかった。。。

帰り道 国道沿いに金●教の本殿があって なぜかtonoさんそこを見て
みたいと。
(以前二人で迷い込んだ黒●教の本殿があまりにすごかったのを
思い出したらしい。。)
地名にもなってるそこの宗教。
車を止めてその町を歩いてみました。
小さな商店街は祝日のせいかほとんど閉まっていて 数軒あいている
お店の作りはなんだかレトロで 映画のセットみたいでした。

a0157619_2217465.jpga0157619_2218959.jpg









a0157619_22183263.jpg
私たちの気持ちを見透かしたかのように「やってます」と
ドアに掛けていた散髪屋さんにちょっと笑ってしまった。






大きなお屋敷が多いその周りをぶらぶら散策。
そのあともまた帰り道の早島界隈をぶらぶら散策
なんてことないけど 平和なGWだこと。。
世間の渋滞情報を横目に見ながらのスタート。

菜の花から始まったGW。
花めぐり三昧となりました。
[PR]
by yaesakura130 | 2010-04-29 22:08 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

BABYラッシュ

a0157619_217543.jpg











去年の年末から お友達の出産ラッシュです。
後輩のパリちゃん以外はみんな同世代。
アラフォー出産なので私自身の喜びもひとしお。。。
(今回も私この波に乗り遅れてしまった(笑)
同級生の友人でもう大きな子は大学生で 同世代のBABYラッシュは
久しぶり。。
初産の子が多いのでささやかながらのお祝い選びもいろいろと頭
をひねらせつつも楽しかったりして。

先日のお休みは 友人柑奈さん宅にお邪魔してきました。
1月に生まれたばかりのnanamiちゃんは 髪の毛も黒々として
目もぱっちり。 赤ちゃんというよりはほんとに目鼻立ちが
くっきりとした大人びた顔立ち。。
ぐずらないし本当にかわいらしい。。
久々 こんな小さな赤ちゃんを抱っこさせてもらいました。
生まれてすぐに病院にお邪魔して以来4カ月ぶり。


a0157619_21185313.jpg
1月








a0157619_21123337.jpg
4月
子供の成長は素晴らしい。。。





4月の上旬はパリちゃん宅に3人目のriyonaちゃんの顔をみに
お邪魔。
a0157619_2114358.jpg

長女のmiinaちゃんそっくりでした。。







12月は福岡の友人Min♪ちゃんのところの男の子が誕生。
つい先日は広島に住む同期の由美ちゃんから女の子が生まれたよ~と
メール。。
みんなおめでとう。。。 
この子供たちが大人になる時代がいい時代であることを祈ります。。

ちょうど柑奈さん宅に行った日の朝 うちの近所の公園で 彩カフェ
なるイベントが行われてました。
手作り市のようなものなのですが エコをテーマにしたもの。
エコバッグ マイ箸 マイカップをご持参くださいとのこと。
忘れた場合はかしてくださいます。
売ってるもモノ 手造りやこだわりの食材など。

a0157619_21143254.jpga0157619_21145092.jpga0157619_21152815.jpga0157619_21155920.jpg
















去年よりは出店数が少なくて残念でしたが
500円でハンドマッサージを
してもらったり パンやおにぎり 
ドライフルーツ 手作り雑貨など
を買って帰りました。
a0157619_21161759.jpg







ごみもでない こういうエコイベント。。いいなぁ。。
大人たちができる第一歩。。 私も何かできるといいな。
5月は岡山倉敷それぞれで手作り市のイベントがあるので 楽しみです。。
[PR]
by yaesakura130 | 2010-04-25 21:04 | 暮らし 思うこと | Trackback | Comments(2)

鞆の浦のこと

a0157619_041148.jpga0157619_0413692.jpga0157619_042272.jpga0157619_0424326.jpg
a0157619_0442556.jpga0157619_0443958.jpg


























名前は知っていても 尾道よりも近いのにここにはじめて訪れたのは今から5年ほど前。
お友達から泊まって良かった宿の話を聞いて なかなか連休が2日以上取れない私
ここなら気楽にいけるなぁと友人kaoちゃんと行ったのでした。
それ以来 福山の友人chieちゃんや 友人一家との恒例合同家族旅行や 友人のtonoさんや 
いろんな人と訪れることになった町。
尾道みたいに 細い路地や小道があり ちょっと高台になると海が一望できます。
レトロな建物が喫茶店だったり お食事どころだったり なんかわくわく。
a0157619_0461977.jpg




保命酒なる体によさげなお酒も売っていて(養命酒みたいなもんでしょうか?) 
泊まると夕食時に食前酒としてでてきました。。





なんと去年は3回もこの町にきてしまった。
去年はGW日帰りで 鞆の浦から小さな船で5分足らずの仙酔島へ。
ここで江戸風呂なるものに入りデトックス。
a0157619_0473387.jpg
a0157619_0483397.jpg










洞窟のサウナみたいなのに入ったり 海水の水に浮いてみたり 砂浜を歩いてみたりそんなことを
繰り返し毒素をだしていくのです。。 
ここはパワースポットらしく ちょうどそのころ大変な事件が起こり心が折れそうだったので
ここに来て元気にならねば。。。と強く思ったのを覚えています。
5色の岩がある海岸。 そういう場所日本ではここだけらしいです。。
厳島神社の候補地だったらしく そう聞くとますます何かあやかりたい思いになりました。。
そのあとも家族旅行で訪れて 町を散策。 
ここでとれたお魚を干物として売っていて母たちは早速買っていました。
そういえば泊まったお宿もウエルカムドリンクならぬウエルカム干物。
a0157619_055311.jpga0157619_056619.jpg










お酒はそれほど飲まないのに 酒のつまみが好きな私としてはこれはうれしいサービスでした。

仙酔島も再び渡ったところ 母と母の友人は「子供のころ来たことがあるわ 50年以上ぶりにまた
来れたわ」なんて喜んでました。昔から観光地だったんですね。
夏の終わりにはtonoさんと。
相変わらず路地が好きで ぐるぐると今まで行ったことのない生活道まで散策。

行く相手が変わると同じ小さな町でも通る道が違ってくるのが面白い。a0157619_0493734.jpg
a0157619_0501412.jpga0157619_0502227.jpg









ぶらりと入った田淵屋さんでは甘めなハヤシライス。 
食前酒に保命酒が置いてあり それ+スモークチーズ
車だからのめなかったけど スモークチーズはすごくおいしかった。








そのときにはじめていった対潮楼。

a0157619_0504198.jpg









まるで絵のような海の風景にしばし暑さも時間を忘れて座っていました。
a0157619_0511283.jpg




数年前chieちゃんたちと来たときは高台のカフェでお茶。
グリーンティを頼んだら サービスでいちぢくを出してくれた。
こんな雰囲気いいなぁ。
ここは最近はポニョの町としても有名になってきました。
今度はお雛様のころに来てみたいな。。 そう思っています。



実は今年のGWの予定何も決まってません。
去年はここ鞆の浦
おととしとその前は続けて高知。
今年は。。。多分家の周りをぶらぶらかな。
あの高速の渋滞予想をきくと腰が引けてしまいます。。。

[PR]
by yaesakura130 | 2010-04-23 22:22 | 旅の思い出 | Trackback | Comments(0)

遅咲きの桜

ちょうど父の命日で うちから車で1時間くらいのところにお墓参りに
母と出かけて行きました。
毎年 その帰り道に立ち寄る 宗堂桜。
八重桜の一種で花弁が60枚もある珍しい桜。。だそうです。
a0157619_20573721.jpg
a0157619_205764.jpg











他にもいろんな種類の遅咲きの桜が咲いていて お天気も良かったせい
か年配のご夫婦やお友達同士が数組お弁当をもって見に来られていました。
a0157619_2058499.jpga0157619_20591465.jpg










そのあとはさらに帰り道にある三徳園(小鳥の森)へ。
ここには緑の桜 御衣黄が咲いています。
こちらはまだ咲き始め。
a0157619_20594187.jpg

他の何種類もある八重桜はちょうど見ごろでした。
a0157619_20595887.jpg
a0157619_210194.jpg









ここも平日だというのに 同じく年配のご夫婦などが
カメラ片手にお見えになっていました。
(後で知ったのですが偶然にも友人の伶さんもこの時間に
ここに来られていたそう。。 桜のエリアは見通しが
いいのに出会わなかったのが不思議。。。)
ゆっくりと園内を歩くと本当に気持ちがいい。。





父が生きている頃はこの時期にお墓参りに来ることはなかった
ので 標識はみるものの 実際に桜を見に行くことはありませんでした。
父が亡くなってからは毎年恒例。
ちょうど命日あたりが満開なのです。
外ではとても愛想のいい父でしたが家では昭和な厳しい父。
気を使う親分肌の人だったのできっと私たちへのねぎらいでは??
などど思ったりもします。
気がつけば父がなくなり19年。
弟は人生のうちで父と過ごした時間より父がいなくなった時間のほうが
長くなってしまいました。
私もあと数年でそうなってしまいます。
家の中で昔の風景では父がいても 今の生活の中に父がいないのが
当たり前になってしまったのが寂しいような申し訳ないような。
でもそれが残されたものが生きていく。。ということかもしれません。
毎年 父のお友達が命日前にお花を届けてくれます。
19年間毎年。 母がお礼の電話をしたところ「僕が生きている限り
毎年送らせていただきますから。。」とおっしゃられたそう。
ただただそのお気持感謝。。。

私たちは毎年こうやって元気にほのぼのした気持ちで父を思い出し
ながら桜を見られたら幸せだなと思います。。。
[PR]
by yaesakura130 | 2010-04-21 20:55 | 暮らし 思うこと | Trackback | Comments(0)

宮島X宮島

a0157619_2311421.jpga0157619_2381770.jpga0157619_2255296.jpg

















宮島に行ってきました。
子供のころからあのあたりに親戚が住んでいたので 何度となく訪れた
ことがありますが今回は2年ぶりくらいでしょうか。。。
初めて車で行ってみました。 
インターを降りてからはわかりやすい道。
桜シーズンで大渋滞かも?と思ってましたが土曜日だったせいかなんとか
渡船口のそばに車をとめることができ 海を渡っていざ厳島神社へ。
ちょうど船で渡っていると海側から鳥居を見る絶景撮影ポイントがあり
そちら側にみんな集まります。
珍しく遠慮がちに後ろのほうから撮っていたら 20代半ばくらいのいい
カメラを持ったお兄さんが 自分が撮った後「どうぞ」と場所を譲って
くださいました。
いい人だ~。 とっても好青年でした。
到着すると桜とその木下にたたずむ鹿のお出迎え。
「なんか花札の柄みたい」と口にする私。。。。 
a0157619_239193.jpga0157619_2394091.jpg











いやいや絵になってました。
厳島神社に向かう道はたくさんのおみやげ物やさんがならびます。
もみじ饅頭の店が多いかなぁ やっぱり。
そして前回食べておいしかった揚げもみじ饅頭を今回も。。。 
a0157619_2310593.jpg

チーズにしてみました。
おいしかったです。とっても!!






そのほか名物アナゴ飯や店頭で牡蠣を焼いたものがゴロンゴロンと売られてました。
a0157619_23103092.jpg








鳥居の近くはちょうど干潮で たくさんの人が潮干狩り中。
いいなぁ。。。
2年ぶりの厳島神社は 桜もちらほら見え絵になりました。 
a0157619_22554248.jpg








なんだか背筋が伸びるような 凛とした独特の雰囲気です。
今回もまた結婚式をしていて こういうところで結婚式が挙げられる
なんていいなぁなんて思いました。 ご利益ありそう。。。
今回ご一緒したkazuさん前回吉備津神社に行った際
ご朱印帳なるものにご朱印を頂いていて なんかいいなぁ。。
もともと神社が好きな私としては まねしたくなりまして。
こちらでご朱印帳を新調しご朱印いただきました。
ご朱印帳は神社によっていろいろ違うみたいで こちらのは私の好きな
桜色と薄紫の間のような色でしょうか。。。 すっかり満足でした。
帰りは 桜餡のもみじ饅頭をちょっと奥まったお店で見つけ ほかほか
のできたてをいただきました。 お茶もだしてくださって 満足満足。
今回は全種類違う種類の変わり種もみじまんじゅう購入。
a0157619_2313090.jpg

赤もみじはトウガラシで後味が本当に辛かった。。





天気もぽかぽか 思わぬところでたくさんの桜も見られていい旅でした。

で、翌週 そういえば1カ月以上前から友人tomoさんに誘われてたわ
宮島に。。。
またまた宮島に行きました。
桜はさすが一週間でかなり散ってましたがこの気候のおかげでまだ
残っていたし違う種類の桜がいい感じに咲いていました。
a0157619_23133822.jpga0157619_23135846.jpg








a0157619_2314188.jpg

今回はアナゴ飯とおうどんのセットを食べたしアナゴまんじゅうは
買って帰りました。
おうどんやさんのおじさんもとっても親切でした。
宮島は親切な人多いな~。



a0157619_23143842.jpga0157619_23145162.jpg







前回気になっていた雑貨屋さんにもまた立ち寄れたし 前回とは別の
種類のもみじまんじゅう購入。
いったい何種類くらいもみじまんじゅうは種類があるんだろう??
下に敷いた鹿のてぬぐいは雑貨屋「ひぐらし」さんで購入。
もちろん揚げもみじまんじゅうは食べました。。

2週連続になったけれどそれぞれいい旅となりました。
kazuさん tomoさん誘ってくれてありがとう。。 運転もありがとう。。
[PR]
by yaesakura130 | 2010-04-19 22:51 | おでかけ | Trackback | Comments(2)
a0157619_0243.jpga0157619_022051.jpg








毎年4月の上旬から中旬にかけて 祖母が植えたチューリップが花をつけます。
もう亡くなって7年がすぎようとしていますが 特に手入れをするわけで
もないのにちゃんとその時期が来ると 芽がでて花が咲きます。
今年はこの寒さと気候でまだ咲いているチューリップ。。。
最近 雛めぐりとかに出かけると「100年前のお雛様」とか「おばあちゃ
んのお嫁入り道具だったの」 とか その持ち主はとっくにこの世から
いなくなっていても 物や思いはちゃんと受け継がれて大切にされています。
そう考えると人間自身が一番儚いのかもしれないですね。
祖母が残してくれたたくさんの中のもののひとつ つぎはぎの布。
今は私の部屋で古い祖父のトランクの横で額に入れておいてあります
母方の祖母は ちょうどうちの父が亡くなる少し前 市の中心部
でやっていたタバコ屋さんを引退して うちの隣に引っ越してきました。
祖母は専業主婦が夢だったそうで のちにうちで暮らした晩年はとても
幸せだったと話していました。
父が亡くなった後は 本格的に仕事を再開した母を手伝って 家事をやってくれていました。
祖母は特にお洗濯をやってくれていて 私が当時ひざが破れてもその肌さわりが
好きでそのまま着ていたパジャマをある日手持ちの当てぬので縫い合わせてくれて
返してくれました。
もう捨て時かな?と思ってたのに なんだかまだ着られることと 
そのつぎはぎがかわいらしくてそれからしばらくはまだ愛用していました。
数年前 もう着なくなった服を処分する際 この部分だけは捨てられなくて 額へ。
最近は物が安くなって どうも大切にしなくなり物をついつい増やしてしまう私へ
の戒めにもなっています。
亡くなった人が残してくれたもの 普段は見失いがちですが 季節が巡ってくるたびに、
何かの瞬間にふと思い出すことはとても大切でその人
の生きた証にもなることなのかもしれません。

生きた証と言えば その娘であるうちの母、最近、去年の
京都の南座に続き今度は松竹座でのとある歌手さんのリサイタルに行き
たがってました。
「只今 大阪にだまってきています。いい人と出会いました。安心
してください。帰りが8時過ぎると思います。3時開演です。もうはじまります。」
数日前の仕事中 そんなメールを受け取りました。
一人で行くとは。。。
チケットもなく 思いつきで大阪まで。
そこで同じく一人で来ているご婦人と仲良くなりお茶もご一緒して
身の上話をしたのに結局お互い名前も聞かずに帰ってきたとのこと。
母は去年と3年前大きな病気をした人とは思えないパワーです。
去年の秋にはこれまた乳がんを以前患った叔母(妹)と飛行機は嫌い。。
といい岡山から新幹線で函館~東北への旅に出られておりました。
この姉妹もまた 祖母の生きた証。
誰かが生きた証はいろんな形でこの世に残るんですね。。。

祖母の生き証は祖母にはなかったであろう母たちの気軽に旅に出てし
まう気質となり、今度は私が受け継いでいるようです。。
[PR]
by yaesakura130 | 2010-04-15 23:22 | 暮らし 思うこと | Trackback | Comments(0)

猫と遊ぶ うさと遊ぶ

先日 同じフロアで働く系列会社のNさん宅にお邪魔しました
彼女秋から「カイルくん」という猫を飼い始めたそうで それまでは余り
話したことがなかったんですが いろいろ猫のお話を聞くうち カイル
君に会ってみたくなり他のの同僚の方たちと一緒にお邪魔することにな
りました。
写真では見せてもらっていたものの やっぱりかわいい。。。
a0157619_22554061.jpg
a0157619_2256249.jpg







私たちが行くと カイル君おおはしゃぎ 。
猫ジャラシで 戯れておりました。。。
途中ご飯を食べてるときも カイル君そばで気になって仕方がない様子。
ずっとずっと遊び続けて 私たちが帰るころには電池切れ。。
うとうととし始めました。。 よく考えるとまだ1歳にもなってない子猫
なんだよねぇ カイル君。。
とってもかわいかったです。 尻尾もふさふさ。

また別の日 今度は友人kazuさん宅にお邪魔 。
彼女宅も つい最近 猫を飼い始めたばかり。
小鉄君といいます。

a0157619_22583724.jpga0157619_22585745.jpg










小鉄君もまた元気。 
私のストールやデジカメのストラップでもタマをとります。

a0157619_22591738.jpg手もまたかわいい。







散々遊んで 帰ったらkazuさんからメール 「いっぱい
遊んでもらったのでぐっすりです」と小鉄君毛布の中で熟睡の写真。
そうだ 君もまだ子猫なんだよね。


猫といえば少し前にお友達のぱっくんに誘われ猫カフェなるものへ

インテリアといいお店の人の雰囲気いい不思議な雰囲気の空間でしたが たえることなくお客さんが
きて いつも猫より人間の数のほうが多いのが驚き。。。
猫たちはマイペースに眠ったり 水を飲んだり。。。
この子たちがかわいかった。。
a0157619_2334191.jpg
a0157619_2331771.jpg







別のお友達の伶さんはうさぎ飼いさん。
たくさんのうさぎさんと暮らしています。
うさぎもちゃんと個性があるんだなぁと彼女のおうちにお邪魔するたびに思います。
a0157619_22594196.jpg
a0157619_2301116.jpg
ふわふわでかわいいです。
インディちゃんとマドレーヌ君






うさぎって身近なようで意外と大人になると あまり触れたり抱っこしたりってことって
ないんですよね。
彼女の話を聞いていると うさぎって繊細な生き物なんだなぁと改めて思います。。

こうやってペットに触れる機会 そういえば大人になってめっきり減ってしまいました。
いつかまた 飼ってみたいな。。 彼女たちのお宅にいくとそう思います。
今はまだ自分のことで精一杯 気持ちも入りすぎてしまいそうでその
余裕はないので いつか。。。です。年とって一人だったら。。かな??(笑)
[PR]
by yaesakura130 | 2010-04-11 22:52 | 暮らし 思うこと | Trackback | Comments(0)

曹源寺の桜 旭川の桜

a0157619_22395412.jpga0157619_22402912.jpga0157619_22404788.jpga0157619_224157.jpg















桜シーズンだというのに 季節の変わり目 特に今年のこの妙な
お天気にやられ今一つ体調不良。
お花見お花見。。という気分にならず、でも桜を見逃すのはもったい
ない。。と地味に近場でお花めぐりをしていました。
3月最終週 ソメイヨシノではない種類の枝垂れ桜が咲く曹源寺へ。
以前紅葉を見に行って以来私も友人tonoさんもひそかにここが気に入ってます。

a0157619_22421351.jpga0157619_22422563.jpg

ちなみにこれが紅葉の頃。。




去年ソメイヨシノのころに来て もうかなり散っていたので 今年は
3月にtonoさんを誘って行ってみました。

ちょうどいい具合に咲いていて 何よりここは人がいなくひっそりと
しているのがいいです。

a0157619_2243446.jpg
池に映った桜がまたいい。











うぐいすや小鳥のさえずりしか聴こえないなんとも言えないいい空間
でした。
翌週は 体調が一番すっきりせずこの私が友人との遠出の約束を断りオフに。
こういうときは土の上 自然の中を歩くのがいいと言われたので
家のそばの公園へ桜を見に。
そのそばの山の頂上(徒歩3分)に母と行き 岡山市内を見下ろしてみます。
a0157619_22432973.jpg






あたたかく気持ちのいい風が吹いていて ちょっと元気になりました。

でもやっぱり華やかな桜も見たい!!
会社帰りに友人ぱっくんと待ち合わせ 桜並木がありちょうど桜カーニ
バル開催中の旭川の河原を散策。
日が暮れるまでに短い時間ですが桜並木を歩いてみました。
やっぱりいいなぁ 桜。
お腹具合の悪い私を気遣って ぱっくんあったかい紅茶の缶を準備して
待っててくれました。
いつも彼女の気づかいには頭が下がります。

ここ数年桜の下でいわゆる「お花見」というものはめっきりして
ないですが 桜の下を散歩だけでも十分幸せな気分になれました。

体調は食べるとおなかが痛くなる。。という状態。
さすが毎食ではないですが 朝通勤時と昼食後が特に。。。
もともとお腹弱さんなんですが 年とともにどんどんとそれが
悪化してる気が。。
おそらく「過敏性腸炎」という自律神経とかホルモンのバランスが
崩れてお腹が人より活発に動き過ぎる現代病?みたいです。
病院には通ってますが漢方と安定剤しか出ないんで劇的には
治りません。。
一度お腹を壊すと「また痛くなるかも」という不安を持ってそう思うと
本当に痛くなる。。という悪循環。
お腹自体は悪いところがない病気なのです。
だから長い時間バスとか乗れない 人ごみ苦手 トイレがない場所
が怖くて行けないという感じ。
もう20年以上のお付き合いなんですが なかなか治らないみたい。
っていうか 今まで散々こういう体質ながら出歩いてきてましたが
「もうそろそろ近場でのんびりしたら?」と体から言われている気もし
てそれも悪くないな。。と思ったりもしてます。
あ、食欲はすごくあるし 肌の調子もすこぶるいいのでご心配なく..
[PR]
by yaesakura130 | 2010-04-08 22:34 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

世界一の朝食

a0157619_21362044.jpga0157619_21363885.jpga0157619_21373881.jpg

















本で見た「世界一の朝食」が食べられる神戸の「北野ホテル」
神戸なら近いし ここに泊まるのも夢じゃありません。
3年前のちょうど今頃の旅のお話です。

早速ネットで調べたところ その当時週末は見事にずいぶん先までいっぱい
でも金曜の夜なら何とかあいていることがわかり 金曜日仕事が終わり次第
神戸に向かいました。
本当に泊まるだけの旅。
先に着いていたmamiちゃんと合流し 近くで夕食。
その後はこのホテルを満喫します。
もっともっと森の奥深くあるのだろうと勝手に思っていたら意外にも普通の道路沿いに
普通に建っていてびっくり。
ホテルのロビーもお部屋もクラッシックな感じでとってもかわいらしく 螺旋階段が印象的。 
a0157619_213814100.jpg








なんだか外国のホテルに泊まってる気分です。
まったりのんびり夜は更けていきました。
そして翌朝 うわさの世界一の朝食へ。

a0157619_2138519.jpg


a0157619_2139762.jpg










豪華食材がならぶわけではなく 素材にこだわった逸品が並ぶ朝食。
食べきれないパンはちゃんと袋に入れて持ち帰りにしてくれます。
パンを食べてる余裕がないくらいの品数。。 目で見るだけでもワクワクです。
贅沢だなぁ。。 これって。。。
ゆっくりのんびり朝食をとって帰ってきました。
神戸は20代は毎月のように行っていたころもあったのに ここ2年くらいは
すっかりご無沙汰です。
10代の終わりごろに初めて友達だけで行って以来 あちらに友達が住んでいたこともあるし
また当時は今では当たり前に岡山にあるお店も神戸にしかなくて それをめがけて
出かけたものでした。
まあ今でも岡山にないお店はいっぱいなんですけどね。。。
異人館も始めていったときは そこだけ本当に異国の空間がひろがっていて
昔から建物やインテリアに興味があった私としては 楽しくて楽しくて。
その上民族衣装を着せてくれたりしてそれがとっても面白くて。。
その後も友達と神戸の占いに行こうだとか 中華街食べ歩き デパート散策 
お買い物ツアーなどしょっちゅう出かけていました。
a0157619_21404778.jpg
友達の子供たちを連れての王子動物園は 大好きなパンダの前で
子供たちより
テンションが上がってた私だったり。





いろんな楽しみがある神戸。
旧居留置の風景はとても好きでカメラを片手に歩いたこと ルミナリエで人ごみに
すっかりやられてしまったこと
花火を見に行ったこと。。いろんな思い出があります。
最近気になるお店が神戸にあるので
久しぶりに 今年は行ってみようかな。。。
[PR]
by yaesakura130 | 2010-04-05 21:21 | 旅の思い出 | Trackback | Comments(0)

樹齢1000年の桜

a0157619_23153296.jpg









今度は醍醐桜が見たいと友人tonoさん。おととしのお話です。
どうやらタクシーの運転手さんに岡山のお勧めの場所は??ときいたところ醍醐桜を勧められた
そうです。
醍醐桜は岡山県北の山の上に咲く一本の樹齢1000年と言われる桜の木。

a0157619_23162455.jpg






桜の咲くシーズンにはその一本の木にたどりつく細い山の一本道が大渋滞。
夜はライトアップされるそうで 早朝から夜までその1週間はとにかく普段は車で10分くらいで
上れる道が高速の出口付近から渋滞して何時間もかかるとか 裾野の駐車場に停めさせられ
歩いて上らなければ。。とかいろんな話を聞きすっかり怖気づいた私。
昔 GW新緑のころに行ったとき 人もまばらで でも桜の荘厳な雰囲気は堪能できてそれで
十分満足なんですが。。。
察したtonoさん4月の半ばに行こうという話になりました。 それも突然 その日の朝決定。。
高速を降りて料金所のおじさんに道を聞くと「もう桜終わってますけどいいんですか?」と心配顔。
いいんです。。。
教えられた道を進むと あっという間に到着。平日だったせいもあったのか私たち以外にちょっと
年配のご夫婦が1組だけ。
ほんの少し桜の花がまだ残っていて 風が吹くとゆるゆるとその花びらが舞い散ります。
ちょっと曇天 高台から見える段々畑  日本昔話みたいだなぁ・・・
以前ローカルニュースで桜が咲くころ季節外れの雪が降って 桜と吹雪の映像が流れていたのが
鳥肌が立つくらいきれいだったことを思い出しました。
やっぱり神がかり的な美しさ 雰囲気を感じます。


確かに桜が咲いたころはきれいかもしれないけど 私はこの本来の静かな雰囲気のほうが
好きかもしれません。
ゆったりと流れる別世界のような時間。
この桜は1000年もこの丘からこの景色をずっと見てきたんだなとちょっと感慨深くなりました。
その年月に比べたら私の想いなんてちっぽけなもの。
ふと このtonoさんを含め 生まれ変わっても大切な家族 友人たちといつかまたこの桜を見に
来られたらいいな。。なんて思いました。
その時代も平和で 桜を楽しめるような穏やかな時代だったらいいな。。
それまで醍醐桜さんもお元気でいてください。。。
a0157619_23164055.jpg

因みに満開の夜はこんな感じらしいです。。。
[PR]
by yaesakura130 | 2010-04-01 23:09 | 旅の思い出 | Trackback | Comments(0)