日々を楽しく大切に。好きなもの 好きなこと おでかけ。。そんな日常を綴っていきます。


by さくら
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

<   2010年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

玉島雛めぐり


a0157619_21182675.jpga0157619_21184876.jpga0157619_2119816.jpg







今年は 着物友達のたまきちゃんのご主人のご実家が 玉島雛めぐりに
参加されるというので、おなじく着物友達の季緒ちゃん まっちゃんと
お邪魔することになりました。
以前玉島の町を たまきちゃんに案内してもらい その昭和レトロな
町並みが気に入って しまった私。
着物の似合う町なのです。。。
たまきちゃんのおうちは玄関先にかわいらしいお雛様。 
若奥様していらっしゃいました。
a0157619_212047100.jpg







たまきちゃんに案内してもらって玉島雛めぐり。。
古く大きなお宅が並び 今も生活されているおうちの離れの茶室がある
お宅もあり何とも贅沢 優雅です。。
遊美工房さんでは 貝合わせの体験もできて 見学させてもらいました。
貝合わせの絵は時実月夜さんというこれまた着物の似合うお若い素敵な
作家さんが描かれたもの。

a0157619_21271726.jpg



私が好きな花がたくさん描かれていて釘付けでした。



又こちらの建物の古く 梁が素敵。。建物がぐるりと囲んだ中庭も窓の
感じも好きです。
下の階に展示されていたお雛様はそれぞれお顔が全く違っていて人間と
一緒だ。。と思います。


a0157619_21212135.jpg
展示されていた市松人形は歯が生えていて 
たまきちゃんの日記によると
この歯が不評を買ったのか、2年ほどで生産中止となり
持っていた人も気味悪がってお寺さんへ供養に出す方が
多かったそうな。生き残った貴重なお人形様です。。
とのこと。 

前回行ったときは平日で静かだった商店街も今日は活気がありにぎわっ
ていました。
最初のうちは普通にお雛様を撮影していましたが 季緒ちゃん まっち
ゃんにつられ玉島面白写真となってしまいました。。

a0157619_21214352.jpga0157619_21221665.jpg
 
そういえば前回もタマシマンのポスターとか、商店街のお店に張られた
6人時代のSMAPのポスターとか撮影したかも。。




a0157619_21225591.jpg






たまきちゃん宅で このあたり特産との小豆ではなく緑のお豆で作った
おぜんざいを頂きすっかりくつろいで帰ってきました。
通されたお部屋に飾ってあった着物 たまきちゃんの義理のおばあさまのお嫁入りの時の
着物だったそうで その前で記念撮影。


a0157619_21231961.jpg






たまきちゃんも一度しか会うことができなかったおばあさま。
私たちもお会いできなかったけど こうして着物を着てこの前に座らせ
ていただき あわせて5枚の着物で記念撮影なんて 時代を超えて不思議
な縁を感じます。
そう考えると着物もお人形も私たち人間よりずっとずっと長くこの世に
残るのですよね。。
そう考えると人間って儚い。。。

この日はぽかぽか陽気で 各家に飾られた桃や菜の花がとても似合う日和でした。
春はもうすぐなのだな。。そう感じました。
a0157619_21235497.jpg
今日の着物は先日 シュシュをプレゼントしたらお返しにいただいた
着物です。
さっそく着させていただきました。

[PR]
by yaesakura130 | 2010-02-28 21:16 | 着物 | Trackback | Comments(0)
今年はどうやら時間がなくて行けそうにないな。。。と思いまして。
かきおこ(牡蠣入りお好み焼き)を食べに日生へ。。。
去年まで3年連続で行ったのですが 週末ともなると待ち時間は必須らしく
毎回平日に行きます。
最初は駐車場のおじさんに聞いて 私の好きな広島風でした。

a0157619_2243914.jpg


小さなお店でおばちゃんもなんか豪快。
少しお客さんが引けたころだったので一杯飲みながら(笑)
そんなに愛想があるおばちゃんではないのに私たちにも「飲む?」とお誘い(笑)
車だったので丁重にお断り、残念。





かきがごろごろ入っていておいしかったです。
去年行ったのは知り合いから聞いたお店。
これが平日だというのに待ち時間有。
おそるべしかきおこ。。です。
ここは岩塩とソースで半分半分頂くというもの。

a0157619_224404.jpg
a0157619_22442754.jpg

かきのお味噌汁を頼んだらこんなことになりまして。。。




とってもおいしかったです。
必ず帰りは市場によって帰ります。
そこもバケツ山盛りの牡蠣や牡蠣ご飯なども売られていて牡蠣づくし。


a0157619_22445344.jpga0157619_22451322.jpg






夏にはえびおこになるらしいといううわさも聞き また漁港なので
年中おいしいお魚がいただけるとのこと。
今度はそれをめがけて行ってみようかな。


それにしてもこれはすごい。。
a0157619_22453658.jpg
友人のブログで見て怖いものみたさで頼んでみました。
感想としては。。これは別々のほうがおいしいと思います。。

[PR]
by yaesakura130 | 2010-02-25 22:30 | おいしいもの | Trackback | Comments(0)

児島 お雛めぐり

1ヶ月遅れのお誕生日会を 学生時代の友人KAOちゃんとそらちゃんがしてくれました。
ランチは私の行ってみたかった児島のフェリーチェ
3人とも児島に土地勘がないので 地図を見てたどり着けるだろうかと
不安でしたが予約時間ぴったりに到着。
多分ランチは1種類しかないのか 席に着くとすぐにお料理が運ばれて
きました。
メインをお魚かお肉が選べるのでこの日は せっかく海に近い児島だ
し。。と全員お魚。
前菜からすごいボリュームです。 野菜とお魚がたっぷり。

a0157619_23153847.jpg

もちろん見た目にも綺麗です。
出されたパンなんて食べてたらとても食べきれません。。
おなかいっぱいなのに更にたくさんのデザート。 満足です。
食べきれなかったのが心残り。。。(笑)




そのあと 児島の野崎家旧宅にて お雛めぐり。
ちょうど別館でお雛様の同窓会というのを毎年この時期やっていて広間
にたくさんのお雛様が並びます。
古いもの 新しいもの 市松人形。。


a0157619_23161870.jpga0157619_2316465.jpga0157619_23171617.jpg








ちょうど私たちが行った時間は 和楽器の演奏をやっていたので 広間
は人がたくさん。。
その間を縫って見物してきました。
昔のお雛様って お社みたいなのまであって なんだかすごく豪華。
時代によってお顔がシャープだったり優しかったり。
ずっとこれが受け継がれて今の時代に展示されるなんていいなぁ。。。
この日は温かくてお天気もよく 春が来た。。と実感できる日でした。

そうそう お誕生日プレゼントは 電気ケトルを貰いました。

a0157619_23173654.jpg

靴やバッグを今までは貰ってたのですが だんだんと現実的なものを
お願いするようになってきたなぁ私。。。
でもその週末早速うちでやった鍋パーティで 活躍しました。
ありがとう。。。

[PR]
by yaesakura130 | 2010-02-21 23:12 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

冬ごもり

年明けから寒くて動けません。
今年はどうも気持ちもあまりあがらないので 誰かをお誘いするパワー
もなく2月上旬に私に訪れた2回の連休も ほぼお一人様状態ですごす
こととなってしまいました。。。
1月の連休もかなりそれに近い状態でどうも冬は苦手。。。
家の中でいろいろと 物を作ってみたりしていました。
去年1年 はんど&はあとという 材料もセットになった雑誌を一年講読
してましたが案の定 材料がただたまっていくという状態。
とりあえず 春に使えそうなものを作ってみることにしました。
今までは1色のストールを今度は柄と無地をつないで。。
慣れないもので途中 だんだんとゆがんできた縫い目。。
100均で買ったレースのモチーフでかくすことにしました。。
まあうまく隠れたかな?



a0157619_2312642.jpg






他にも年末に使った布地がまだ残っていたので ストールを作ってお友達へ。
シュシュも年末に作ってプレゼントした友達とはまた別のお友達へ。。。


a0157619_2315492.jpg






そういえば 年末にシュシュをあげたお友達から「実家の片づけをして
たら着物が出てきたの。。 よかったら着ない?」と着物を頂いてしまった。

a0157619_2321021.jpg

シュシュで着物を釣り上げてしまい恐縮です。。




他は 最近お鍋を買いました。
ホーローの間に蒸し皿もついたものです。
ちょっとかわいくてお気に入り。
ちょうどこれを買ったころ お友達に彼女のご実家でできたキウイをた
くさんいただいたのでジャムを作ることにしました。 初挑戦。
もちろんこのおなべで。。。

a0157619_2324099.jpg

ネットで調べた材料よりお砂糖は少なめ。。
結果 酸味の残った ジャムよりはヨーグルトソースに向いていそうな
ものができあがりこれも満足。


a0157619_2325853.jpg

あとは先月のお料理で習ったサトイモの揚げ煮。
蒸してやわらかくしたサトイモに片栗をまぶして少し置いて揚げ 
あとは砂糖とみりん酒とおだしでころがすだけ。
これがとってもおいしくて好評で 何度か作りました。

後は毎年恒例 うちの近所に冬場のみ店を出すたい焼き屋さん。
私が子供のころからここに店を出している老舗のたい焼き屋さん。
結構はやってます。

a0157619_2333468.jpg
そこのたい焼きは家にいるときの3時のおやつ。 至福の時間。
今年の冬はいつもに増して甘いものがほしくなります。。。 危険。。
本を読んだり DVDをみたり たまった写真を整理したり、 家で過
ごすと今までとは違った物欲が沸いてきます。
最近ほしいのがホームベーカリーだったりして(^_^;)
そろそろお雛様も近いし 外へ動こうかなとは思っていますが 
家で過 ごす時間もなかなか悪くないかもと思ってきたので 今年はうまく両方
を楽しめたらいいなと思っています。
でも やっぱり一人で過ごす休日の夕方には人恋しくなるので
おひとり様にはなりきれないかなぁ。。
[PR]
by yaesakura130 | 2010-02-15 22:54 | 暮らし 思うこと | Trackback | Comments(0)

尾道の町

かなり好きな場所のひとつのこの町
10年位前に知り合ったshinちゃんという友達が尾道が大好きで 
いろいろ案内してくれて以来更に好きになったこの町
尾道映画が撮られたのはもういまから20年くらい前なのに 
あの頃のままの町並みがそのまま残っていてロケ地の路地や小路もかわらないままで
人の軒先を抜けるような坂を歩くと突然目の前に
海が広がったり お寺にたどり着いたり 不思議な町なのです。
懐かしい雰囲気の中にも行くたびに小さな新しい発見があって 
なんだかわくわくしてしまう町なのです。
商店街もレトロなままたのしいし、銭湯をを改装したお店もあったり、
猫がたくさん暮らしていて そのなかにある招き猫美術館。。 
普通の古民家っぽいこの美術館。。好きです。
ここの看板猫の小梅さん べっぴんさんです。
 
a0157619_2325739.jpg



JRのポスターのモデルさんもされたことがあるとか。



a0157619_2344583.jpg







a0157619_2310247.jpg






ここで暮らしている猫たちも なんだかのんびりマイペースで
あまり人を怖がらないみたいです。
坂の片隅に置かれている 石に描かれた猫の絵もまたかわいらしい。。

そして ロープウェイの上がり口にあるコモンのワッフル。
大好きで ここに来ると必ず食べます。
a0157619_2354590.jpga0157619_237487.jpg






a0157619_23174887.jpg







昔 雪の日に尾道に来たことがあって(出発するとき岡山は降ってなかった。。)
ものすごく寒い中 コモンに逃げ込んで あったかいお茶とワッフルで
心からホッと和んでいつもは人が多いこのお店もその日はほぼ貸しきり状態で。。。
そんなことを思い出しました。
先日おば一家とここに来た際 甘党ではないおじも 「最近食べたものの中でこれが
一番おいしい」と申しておりました、。

長野や東京 兵庫。。いろんな土地のお友達をご案内した思い出もたくさんあり 
ここ数年は大学時代の友人yukiとそのお嬢ちゃんのsenaちゃん(5歳)
とご一緒することが多いです。
a0157619_2316690.jpg
のんびり写真を撮っていると 前を歩くsenaちゃんに「さくらちゃん早く早く。。」
と心配されてしまいます。
そういえば彼女がおなかにいるときもyukiとこの町を訪れて
「生まれたらしばらくは来られなくなるね。で
もまたいつか子連れで来られたらいいね」と話してたなぁ。
この町はやっぱりいろんな思い出が詰まっています。
最近はいろんな場所に若い人たちのカフェやお店も増えたようで 
年に1回は訪れるこの町 最近ちょっとご無沙汰ですが、またそんな新しい発見
を探して歩かねばと思っています。
もっと若いころは かわりゆくものは=わくわくするものだったのに 最近
年を重ねると「変わらないもの」がいとおしくなったり 心惹かれたりします。
このまま余りこの町が変わらないでいてくれたらいいなと勝手なことを思う
わたしなのでした。
[PR]
by yaesakura130 | 2010-02-11 22:01 | 旅の思い出 | Trackback | Comments(0)

松本 扉温泉 明神館

a0157619_22184813.jpga0157619_2219382.jpg






それは、縁あるのは 人だけではなく場所もあるんだなと 思った旅でした。
数年前 たまたま行った岡山のカフェで 隠れ家温泉特集の雑誌を手に取りました。
表紙に 行ってみたいなと思う素敵な雰囲気の温泉の写真。
でもそこは 長野県松本市。
簡単にいける距離ではありません。
にもかかわらず 私はその温泉の名前と住所をメモして帰りました。
「きっと行く事なんてないんだろうな」とおもいながら。。
その少し前 メールでお友達になった長野に住むミナちゃん。
話してると なんと私と同じ系列会社にお勤めという事が判明。
もっというなら うちの支店長が そのあとミナちゃんの販売会社の社
長に就任して「不思議な縁だね」なんて話してたのですが 
そのミナちゃんから「松本に行ってみたい温泉があるの よかったら遊びに来ない?」とのお誘い。
よくよく聞いてみると その泊まってみたい温泉というのが 私が
カフェでメモした「扉温泉 明神館」 
最初はぴんと来なかったのですが どこかで聞いた名前。。と思ったのです。
驚きでした。 さっそくその雑誌のバックナンバーをおとりよせして 確認。
a0157619_22215445.jpg







いくことがないと思っていた温泉にいける事になったのです。
松本駅から車で30分・・・にもかかわらず 携帯は圏外。
これは 宿主サンがあえて そうしたそうです。
俗世を離れてゆっくりと。。。ということで。
お部屋は半分洋風で暖炉があり 半分は畳。
お食事は季節のものが 美しく盛り付けられてます。
a0157619_22194214.jpg

最後に食べた 熟した柿のシャーベットは 意外でしたがおいしい。
熟した柿を冷凍してちょっと溶けた頃にアイスを添えると デザートに。。。





そして何よりもよかったのが 雪月花という立ち湯
胸元までのお湯 半露天になっています。
a0157619_22195935.jpg




お風呂の向こうは窓ガラスではありません。外なのです。。。
川のせせらぎ そしてこのときは雪だったので 雪景色がみえてずっと
浸かっていたいと思うほどでした。

a0157619_22204458.jpg


お酒もいただけるBARスペースはなんと氷のテーブル。



 
a0157619_22225830.jpg

朝食の盛り付けもすごくかわいい。
手が込んでるなと感心させられます。






やや高めの料金ですが 彼女と私 同じ系列会社。。という事で平日休み。
そして2月はオフシーズンだったようで かなりお得なプランで 宿泊。
のちに 私が良かった~といったので うちの母と幼馴染のSちゃん親
子、そしてこのときはうちのおばやらその友達などという大所帯で再度
訪れる事になりました。
きっと行く事がないと思ってた 旅館に二度も。
2度目は5月だったので 新緑が美しかった。。
いつか 今度は秋の紅葉の頃にいけたらなと思います。。

最近めっきりのんびりと遠くへの旅は減ってしまいました。
今年は京都より東に行きたいな。。そんなことを企み中。
あぁ温泉に行きたい。。。
[PR]
by yaesakura130 | 2010-02-08 22:15 | 旅の思い出 | Trackback | Comments(0)