日々を楽しく大切に。好きなもの 好きなこと おでかけ。。そんな日常を綴っていきます。


by さくら
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

まちぶせ

a0157619_222093.jpg

以前お友達のフェイスブックでドクターイエローを岡山駅で撮影ているのを
見ていいなぁと思ってました。
前に働いていた職場の窓から2度ほど 幻の黄色い新幹線
ドクターイエローが走っている姿は見たことがあるのですが
それ以来全然。
友人によると調べて待ち伏せたそうで。
探すとあるのですよ 裏時刻表が乗ったサイトが。
いちかばちかのカケ。見れなかったらそれでいいかなとおもいつつ
行ってみようと思い立ちました。
そのフェイスブックをアップしたお友達と2歳になる彼女の息子君と3人で。
息子君は 新幹線が見えるだけでホームで大興奮。
予定時間になっても なかなか現れず ただ予定の回送列車があやしいなと
にらみ ホームで待っていると。。 来た来た 黄色い新幹線。
息子君に負けないくらい大興奮の私たち。
なかなか写真のベストポジションを変わってくれない出張帰りのサラリーマンの
おじさんを横目に停車時間1分の ドクターイエローとの時間。
いや 楽しかった。 私、鉄子になれるかも。。
別の友人によるとドクターイエローと一緒に撮った写真を待ち受けにすると
いいことが あるらしい。

3月は ダッフィーバス。
全国をふわふわモフモフのダッフィーバスが廻ります。
岡山に来る日が3月5日水曜日。 お休みです。
公式ルートは出ないのですがツイッターでみんなが情報を交換するところを
見つけ 数日前からチェック。
ダッフィーバスは地元のどこかのテレビ局にどの地方でも立ち寄っているので
OHKかRSKか狙いを定めていました。
ツィートにOHK滞在中を見つけ 駆けつけてみるといたいた~
a0157619_22212026.jpg

a0157619_2221399.jpg
a0157619_22215472.jpg
a0157619_2222623.jpg
a0157619_22221859.jpg
a0157619_22223448.jpg

モフモフのダッフィーバスかわいい。 
触ったらいいことあるときいたのでそ~っと さわってみたりして。
後ろの細部にわたるところまでミッキーの仕様。
ディズニー行きたいな。

いろんなところで待ち伏せ。 私暇やな(笑)
でも遠くに行かなくてもわくわくすることは 身近でつくればいくらで
もあるのです。

~・~・~・ ~・~・~・ ~・~・~・ ~・~・~・ ~・~・~・ ~・~・

1月下旬 「永遠の0」を見に行きました。
正直 戦争映画を映画館で見るのは重すぎるので 行きたくもあり
迷いもありでした。 ちょうど 叔母から映画のチケットをそのタイミングで
もらったので(昔から映画運も あるらしく 商売をしている叔母や祖母、
会社の方からよく 映画のタダ券なるものをいただくのでした) 
これは見に行けってことか。。と思い 行くことにしました。
私の祖父は両方とも戦争に行っています。二人とも無事に帰ってきましたが
終戦があと一日遅ければ 外地に向かって出発するところだったそうで
うちのような平凡な家庭にも ドラマのような出来事が起こっていたようです。
母方の祖父は穏やかな優しい人で 私が高校の時に亡くなってしまいましたが
そんな祖父でさえ 召集され 戦争に行くための訓練をさせられたのですよね。
無事帰ってきてからも決して その時の話をしなかったそうです。
よっぽどつらかったんだろうねぇ。。と母は言っていました。
今生きている若者と同じように 誰かと殺し合いをするなんて夢にも思っていなかった
でしょうし 穏やかに家族と暮らしたかったに違いありません。
戦争に行くとき 祖父は死を覚悟して それまで経理の仕事で務めていたデパートを
退職し その退職金を残してでかけていったそうです。
そこでやめたせいで 戦争から帰ってきてからはお仕事がなく苦労したそうですが
家族のために できることを精いっぱいして 戦地にむかったそうです。
年を重ねるにつれ またこういう映画を見ると 切なくまたこれが現実に起こった
ことなのだと思い知らされます。
今はとても幸せな時代。でもなぜか 人とのつながりが希薄で義理や人情
おせっかいがなくなってしまった気がします。
幸せなのだからその幸せを十分満喫し でも人の立場に立ってモノが考えられる
人になりたい そうならなければ あの時代に暮らした人に申し訳ないなと
思ったのでした。
日々の暮らし小さな時間や楽しみを大切にしたいものです。
[PR]
トラックバックURL : http://sakuraf130.exblog.jp/tb/19806086
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by yaesakura130 | 2014-03-20 22:07 | 暮らし 思うこと | Trackback | Comments(0)