日々を楽しく大切に。好きなもの 好きなこと おでかけ。。そんな日常を綴っていきます。


by さくら
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

西大寺 はだかまつり

20年ちかくぶりになるでしょうか?
西大寺の裸祭りに行きました。 2度目になります。
毎年 西大寺の裸祭り(会陽)のころはものすごく気温が下がるのですが
まさにその通り。
この数日は雪花が舞うくらいの寒さ。最高気温も4度くらいという日でした。
会陽の会場となる西大寺観音院の近くに 学生時代のお友達が住んでいて 
前回行った時も確か彼女のおうちにお泊まりさせてもらった記憶が。
(数年前までクライマックスである宝木投下は12時でしたが 今は10時になりました)
7時から花火なので 彼女のおうちに車を停めて 河原に向かって歩きます。
冬の花火は空が澄んでいて とてもきれいでした。 
a0157619_221476.jpga0157619_22142667.jpg







それにしてもものすごく寒かったですが。
a0157619_2214599.jpg

花火の後 宝木の投下までの時間は 屋台を見たり 開放しているあたたか
い市民会館のロビーでくつろいだりして過ごし 9時過ぎから西大寺の観音院へ。
もうかなりの人出で ふんどし姿の人たちが 士気を上げるため「わっしょ
いわっしょい」という声がだんだんと大きくなってきます。

30分くらい前から 境内ではもう押し合いがはじまり 将棋倒しのように
人が倒れたりそのたびに 客席から「おぉ。。」と声が上がります。
観客は外国人の方も多く 私は立ち見だったので あまり見えなかったんで
すけどね(笑)
警備の方も 押し合う人たちの中で倒れる人が出るたびに救助に行くのに 
その人の波を縫って行くので 大変そうで 警備のアナウンスが
「○○の場所に<はだか>が一名倒れています。 周りの<ハダカ>のみなさん
も 救助にご協力ください。 倒れている<ハダカ>をみかけたら手を挙げて
知らせてください。」なんて びっくりな内容。
参加されてるふんどし姿の皆さんは「ハダカ」と呼ばれるのが なんだか妙
におかしくて。。
そして倒れている「ハダカ」さんが救助されるたび「ただ今ハダカが救助さ
れました ご協力ありがとう ございました」みたいなアナウンスが流れ そうすると 
ハダカの皆さんや客席から拍手が起こる。。というなんとも みんな心が一つになった
ようななんだか熱い盛り上がり。
a0157619_2216366.jpg

宝木が投下されるときは一瞬境内の電気が消え その香りをたよりに
みなさんが 奪いあいます。 
見ている私たちはそれがどこにあるのか最後までまったくわかりません。
同じ色のしるしを腕に巻いた チームの人たちが 協力し合って宝木を奪い合う。。
この会場からそれを持って抜け出せば その人たちが福男になるそうです。
門の近くでドスンドスンと奪い合うような人の音。
観客の人だかりがすごくて見えませんでしたが みんな本気です。
すごい迫力でした。。
日本三大奇祭とも呼ばれるこのお祭り。
岡山市内なのですが 時間が遅いこともあり意外と行ったことない。。とい
うお友達も多いのです。
ただ行ってみて 本当に地元に根付いた古くから続くお祭りであるんだなと
改めて思いました。
お邪魔したお友達曰く 子供のころ この会陽の日だけは 遅くまで遊んで
いても親に怒られない無礼講の日だったそう。
そういえば お祭りの屋台では 小学生~高校生が多かった気がするな。
今度行くときは ちょっと有料の観覧席で見てみたい。

この会陽が終わると 岡山に春がやってくるそうです。
[PR]
トラックバックURL : http://sakuraf130.exblog.jp/tb/14785490
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by yaesakura130 | 2012-02-19 22:10 | 暮らし 思うこと | Trackback | Comments(0)